「膣蹂躙蕩ける」タグアーカイブ

お尻の谷間に手を滑り込ませ

大陰唇が割れて

恥ずかしい部分を洗われたり、ダッコされて湯船の中に入れられたり…。思春期の少女を赤ちゃんに見立てて弄ぶ幼女趣味者の手にかかっているのだとすれば、股間に翳りがないことも納得がいく。赤ちゃんに近づけるためと称して剃毛をするのは、幼女趣味者の常套手段である。週刊誌から得た知識によれば、剃毛を施した後、毎日脱毛クリームを塗り込めて、本物の幼女を彷彿させるようなスベスベに仕上げるのだという。思春期の少女なら当然あるはずの恥毛がまったく見あたらないため、一筋の小川のような愛らしいスリットが童女のようにクッキリと見えるのだった。

セックスレス夫婦なんて
セックスレス夫婦なんて
亀頭が粘膜に包みこまれている
亀頭が粘膜に包みこまれている


膣蹂躙蕩ける

セックス放浪記は続く膣内に注入されて、おまんこから溢れ出る愛汁がたまらなくエロいです次の写真では、大きなパフを手に取った老人が少女の身体にまといつくようにして、ベビパウダーを叩いていた。首から胸へ、小指の先ほどもないような乳首を愛撫するようにパフをはわせていくのだった。恥ずかしそうに身を縮める少女。だが、両手の自由を奪われているため、老人の手を避ける術がないのだった。開かせた股間の正面にしゃがんだ老人は、少女に何を語っているのだろうか。ニヤニヤと嫌らしい笑いを浮かべながら、思春期の身体を大きなパフで遠慮なくなで回していくのだった。

膣が男性器をくわえ込みたいと叫び出します

射精しそうだった着替えのため、両手の自由を得たのもつかの間である。素肌に縮み織りの浴衣を着せられた少女の手に、網カゴから取り出された紐が巻き付けられたのだ。長い監禁生活で、抵抗の意志をすっかり摘み取られてしまったのであろう。両手を背中に回され、後ろ手に縛られていくというのに、あきらめたように為すがままを受け入れている続いて、幼児そのままにダッコされている写真が写った。座椅子にどっかりと胡座をかいて座った老人の胸に、背中をあずけるようにして後ろ向きに抱かれているのだ入浴のあとの水分補給なのであろう。チンポで女の子にして欲しいのなっチンポを浴衣の上からエプロンタイプの大きな涎掛けが当てられ、座卓にオレンジジュースが用意されている。だが、ジュースの容器は、普通のコップではなかった。ほ乳ビンのようにゴムの吸い口が付いた、離乳用のコップなのである。
老人が、赤ん坊を横抱きにするようにしてゴムの乳首を含ませると、じた少女があきらめたように口を開いた。恥ずかしそうに目を閉両手を縛ってあるのは、単に逃亡を防ぐことだけを目的にしているのではないようだった。

オーガズムを迎えたのだ

手を使えければ、思春期の少女といえども本物の赤ちゃんと同様に、まったく何もできなくなってしまう。身の回りのことを何一つすることができない状態に追い込んだうえで、母親が赤ちゃんにしていやるような世話をしていることが、はっきりと伝わってきた。ジュースを飲み終えた頃、胡座の中の少女がモジモジと身体を震わせはじめた。離乳コップの中に、排尿を促進させる利尿剤でも入れてあるのであろう。赤ちゃんゴッコの典型的な楽しみ方であるやがて、カメラが予想どおりのものを捉えていた。


肉棒が滑り込んでいくところを見たとき

女の子が、オシッコをしぶかせたり逸らしたりして粗相をするのを防ぐための処置なのであろう。ビニールと古新聞が敷かれた上に可愛いアヒルのオマルが用意されたのだ。嫌々する少女を背後から抱き上げ、幼児のオシッコスタイルに抱き上げる過程が連続写真で記録されていた。何度目かの空撮で、三人一緒に写っている写真が手に入った。やはり、あの子は花柄の着物を着せられた少女が、老人の膝を枕に仰向けに寝かされていた。肉棒で塞ぐ