「私がこんな酷い目に合うのは淫乱なお姉様は外に」タグアーカイブ

ペニスはすぐ浮かぶというのに

クリトリスに水ぶくれができたりします

操作部を握る医師の手がビデオスコープの先端を静かに挿入すると、カラーモニターに映るピンクの粘膜が、見る者をひと呑みするような迫力で近づいてきた。そこだけが別の生き物のように蠢いているのだった。はい、注水をお願いねぇ…。操作部にある接眼レンズを覗いたまま、機器本体を操作している看護師に指示が出された。純潔を保ったままの膣内は、膣粘膜が癒着したように閉じているため、拡張と潤滑を兼ね挿入部の先端から洗浄水を送り込むのである指示を受けた看護師が、システム本体に取り付けられている注水スイッチをパチリと入れた瞬間、モニター画面に薄膜が掛けられたように曇った。はい、ストップねぇうまく道が開けたわァ。セックスの重要ファクターとなると

男のものを激しく抜き差しさせていくと膣の収縮

男根を迎えて目を閉じた瞬間に注水が止まると、すぐに画像が鮮明になった。正面に見える乳白色のヒダは、女の子の純潔の象徴である。操作部に取り付けられたアングルノブを回してカテーテルの先端を動かしながら探ると、処女膜の中央部に不規則な形をした孔が1つだけ開いていることを確認できた。典型的な輪状処女膜である。孔が二つとか三つになっていたり、中には篩い状になった膜も少なからずあるのだが、これなら切開なしに簡単に内視鏡を通すことができる。注水と停止を繰り返しながら時間を掛けてスコープを進めていくと、カラーモニターに深紅色をした半球状の器官が映し出された。
ペニスを押しだすこともできなかった

ペニスを揺すってみせた

クリトリスに宛がいたかったが
穴の閉じたドーナツを思わせる子宮頚部の側に達したのであるスコープの操作部にある鉗子挿入口から静かにAIHカテーテルを挿入していくと、モニター画面に針金のように細いカテーテルの先端部分が映った。内視鏡を通して挿入するために特注した専用カテーテルであるはい、カテーテルが入りますよう。ちっとも痛いことなんかないから、じっとしててねぇ。出産を経験していない子宮口は、スパゲティは通ってもマカロニは通らないと言われる程度の大きさである。

私がこんな酷い目に合うのは淫乱なお姉様は外に

愛撫するのも
AIHカテーテルを操りながら、ねっとりと閉じている入口を狙い澄まし慎重に挿入していったくツー。シリコン製のカテーテルが、深紅色をした子宮口に潜り込む瞬間、検診台に支えられたお尻がギクリと揺れた。子宮頚部の表面は、圧迫感は覚えても痛みはほとんど感じない部位なのであるが、未開の部位を広げられる異物感を覚えた様子である。もう大丈夫ねぇ…うまく子宮に入りましたよう。半透明の細いカテーテルを押し出すと、ツーッと進んでいた。

乳首を弄ると

オマンコに擦りつけて
もう、違和感を感じていない様子である。内性器に医療器具を通されているというのに、検診台の上で大人しくされるがままになっている。それでは、お薬を入れますよう。大好きなお爺ちゃまからいただいた白いお薬が入りますからえAIHカテーテルの後端に小型の注入器を接続した女医が、人工授精の準備ができたことを
告げた。針のない注射器を思わせる注入器の中には、五シーシーほどの精液が入れられている。菅野翁から111度に分けて採取したものを、密度勾配法を用いて動きのいい元気な精子を厳選し濃縮してあるのだった。

クンニリングスもしてもらうと

その上、出産後の引取先に事欠かないよう、X染色体だけを選りすぐり女の子だけが生まれるように精製したものである。よろしくお願いいたします。可愛いこの子を清い身体のまま孕ませることを思うと、かしこまりました。それでは注入いたします…胸が高鳴った。女医がゆっくりと注入器のピストンを押し込んだ。通常の三倍の分量を濃縮した精液がゆっくりと注入されていく。