「尻を当ててセックス以来」タグアーカイブ

愛撫は繊細で可憐に俺をいい声で鳴かせてくれる

ペニスをぶらぶら揺らしながら

彼女が体内に秘める女の器官は、にも似た震えを発していた。やられつばなしは、ちょっとイヤだな…。英次を奥に導こうと痙攣英次はサトリの腰から手を離し、自分の乳首をしゃぶる二人の乳房を揉み始めた予想外の反撃に櫻子が女の声を上げる。情で喘ぎ始めた。ボリュームたっぷりの胸を揉まれた静穂も、牝の表英次は自分の胸の快楽をそのまま返すように、執拗に二人の膨らみを揉んだ。11人が英次に身体を寄せるほど悦楽に酔ったのを確認すると、手を下げていき、二人の股間へと伸ばした。んっ、あひっ…。

尻朶にパチンと押し当てた
尻朶にパチンと押し当てた
肉棒の先端を可奈子の唇に押し当てて
肉棒の先端を可奈子の唇に押し当てて


尻を当ててセックス以来

チンポがんふッあんツー犯してるのが見えちゃうチンポに奉仕してあげる櫻子は一瞬抵抗を見せたが、あくまで一瞬だった。静穂は最初の抵抗さえ見せなかった。指が正しい位置へ沈んでいく様子が、あえぎと二人の肢体の撓り具合で分かる。蜜でベっとりと濡れた指で暖かい肉の筒をかき混ぜ、生み出した雷光を二人の中へと注ぎ込んだ櫻子、先生。キッチンに手を突いて、こっちに尻を向けろ。何をするのですか?

子宮が疼き膣が欲しがっていた

肉棒の熱さを感じながら最初の計画ではみんな一緒だったのだろう?だから、一緒にするんだよ。濡れそぼった櫻子と静穂の淫部から指を抜き、引き抜いたはぁっ、はぁっ、はぁっ…。続いてサトリの胎内から憤ったままの端子を生殺し状態から解放されたサトリが、不満げな息を吐く。側に静穂が立ち、同じように英次にお尻を向けた。本当に、絶景としか言いようがないな。亀頭が天井を向いているそんなサトリの左側に櫻子が、右胸のサイズと形、肢体全体の成熟度、色とボディライン。三人の違いが英次の心を捉えるもちろん、一番英次の目を引いたのは、誇るように三人が突き出した、麗しき華園だった。まだ育っている最中の、素朴で飾り気のなぃ櫻子の華。大人の女性の包容力を誇る静穂の華そして真っすぐな彼女に相応しいサトリの華。どれも英次の心を掴んで放さない。全部、俺のモノだ!

下半身丸出しの光太郎の腕にすっぽりと収まって

英次の本能が昂ぶり、次々に彼女達を貫いていく。サトリの肢体を揺れるほど激しく貫いた後、続いて櫻子を犯す。そして最後に静穗彼女達の肉道を渡り歩き、求められるまま何度も奥深く刺し貫いていく。肉茎から伝わる三様の感触に酔いしれ、ただ111人を求めて激しく腰を振る。茎にからまり運ばれ、それぞれの中で混ざり合っていく。げ、限界です。も、もう、くださいませ…っ!


チンチン気持ちいいっ

三人の愛液は肉貫かれた櫻子に応えるように、英次は激しく牝器官をかき混ぜたあうソッ!ああつあつ!溜まっていたパルスが胎内で弾け、櫻子の意識を灼いた。英次は高ぶりを解放し、最後の仕上げに取りかかる。…みんな、一緒だからな!肉茎が脈動を始め、灼けるような痒みに英次の頬が緩む。英次は尻が変形するほど激しく腰を打ち当てながら、櫻子の奥深くで精を放つ。ペニスを受け入れることが君恵は生島と不倫関係