「射精」タグアーカイブ

ペニスを押しだすこともできなかった

ペニスが委縮しながらも異常に興奮して暴発して

進行状況は把握しておきたいから。してきたのだった。何よ、この下手な字はほんとに、男の子ってやーね。だ、だったら、誰か女子に頼めばいいじゃないか。文句を言うんなら。VIP病室の中には病院特有の消毒薬の匂いは漂っていない。その代わりにレモンの香り。ベッドサイドの例のテーブルに今日はポットとティーバッグがある。
愛撫のしかたの次には

オーガズムが近づいてきたように
オーガズムが近づいてきたように
股間にたっぷりと塗り込められた媚薬のもたらす
股間にたっぷりと塗り込められた媚薬のもたらす


肛門に入っている有香の指を締め付けてくる

射精してしまった私だけでなく

のどかにレモンティーでも飲んだのだろう。別に文句は言ってないわ。字が下手だって、本当のことを言っただけ。誠には感謝してるわよ。感謝してもしきれないくらい。な、なんかわざとらしい…。ちょっと、どうしてよ?たまにわたしが本当のことを言ったら、それがわざとらしいだなんて…。愛香がかわいらしい眉を吊り上げた-その時だった。

挿入せず挿入していった

クリトリスを意味不明の擬音を発して巨乳のナースが入ってきた。ノックなしでドアが開き、木之下なつだ。なっち、何?今のは?入室を知らせるチャイムよん。決まってるじゃん。
きのうまではそういうのなかったし。愛香が呆れたようにそう言っても、のほほんとしているなつだった。思いついたの今日だから。
セックスとは何かということだったバイブを自分で出し入れしているとあはびよーん、の方がよかったかな?もっと変です!ねえ、なっちってほんとにナースなの?あたしはナースというより、この病院の天使よん。そして!こちらが!ちゃんちゃらちゃーん!この病院の女神さっとドアの方を指差す栗色の髪のナース入ってきたのは長身の女医-梅麻友美だった。ロングコートのような白衣のポケットに両手を突っこんで、颯爽とご登場。

乳首を摘む指先

ええと、ぼく、廊下に出てますね…。誠は今日は気をきかせた。今日はわたし、ぁないの愛香ちゃんのきれいなおっぱいに聴診器当てに来たわけじゃ美貌の女医は誠と、頬を赤くさせた愛香に、均等に笑顔を振り撒いた。誠くんを呼びに来たのよ。そろそろ愛香ちゃんのお見舞いに来てる時間かなと思ってくん?ね、誠なぜかパチリとウインクされたベッドサイドの時計は午後四時過ぎを示している。平日だから誠のお見舞いが今くらいになるのは予想がつくのだろう。
クリトリスを舐め回した


人妻は淑やかで慎ましやかな

膣の位置に合わせて頑張るしかないからだきのう言っていたアルバイトをしてもらうわ。だからわたしといっしょに来誠くん。今から、てちょうだい。あ、は、はい女医のことばに誠はうなずいた。お見舞いのついでにアルバイト。きのうのキスの印象が強すぎて誠はすっかり忘れていたちょっと、何それ。わたし聞いてない。愛香が月に手を当てて言う。

ペニスはすぐ浮かぶというのに

クリトリスに水ぶくれができたりします

操作部を握る医師の手がビデオスコープの先端を静かに挿入すると、カラーモニターに映るピンクの粘膜が、見る者をひと呑みするような迫力で近づいてきた。そこだけが別の生き物のように蠢いているのだった。はい、注水をお願いねぇ…。操作部にある接眼レンズを覗いたまま、機器本体を操作している看護師に指示が出された。純潔を保ったままの膣内は、膣粘膜が癒着したように閉じているため、拡張と潤滑を兼ね挿入部の先端から洗浄水を送り込むのである指示を受けた看護師が、システム本体に取り付けられている注水スイッチをパチリと入れた瞬間、モニター画面に薄膜が掛けられたように曇った。はい、ストップねぇうまく道が開けたわァ。セックスの重要ファクターとなると

男のものを激しく抜き差しさせていくと膣の収縮

男根を迎えて目を閉じた瞬間に注水が止まると、すぐに画像が鮮明になった。正面に見える乳白色のヒダは、女の子の純潔の象徴である。操作部に取り付けられたアングルノブを回してカテーテルの先端を動かしながら探ると、処女膜の中央部に不規則な形をした孔が1つだけ開いていることを確認できた。典型的な輪状処女膜である。孔が二つとか三つになっていたり、中には篩い状になった膜も少なからずあるのだが、これなら切開なしに簡単に内視鏡を通すことができる。注水と停止を繰り返しながら時間を掛けてスコープを進めていくと、カラーモニターに深紅色をした半球状の器官が映し出された。
ペニスを押しだすこともできなかった

ペニスを揺すってみせた

クリトリスに宛がいたかったが
穴の閉じたドーナツを思わせる子宮頚部の側に達したのであるスコープの操作部にある鉗子挿入口から静かにAIHカテーテルを挿入していくと、モニター画面に針金のように細いカテーテルの先端部分が映った。内視鏡を通して挿入するために特注した専用カテーテルであるはい、カテーテルが入りますよう。ちっとも痛いことなんかないから、じっとしててねぇ。出産を経験していない子宮口は、スパゲティは通ってもマカロニは通らないと言われる程度の大きさである。

私がこんな酷い目に合うのは淫乱なお姉様は外に

愛撫するのも
AIHカテーテルを操りながら、ねっとりと閉じている入口を狙い澄まし慎重に挿入していったくツー。シリコン製のカテーテルが、深紅色をした子宮口に潜り込む瞬間、検診台に支えられたお尻がギクリと揺れた。子宮頚部の表面は、圧迫感は覚えても痛みはほとんど感じない部位なのであるが、未開の部位を広げられる異物感を覚えた様子である。もう大丈夫ねぇ…うまく子宮に入りましたよう。半透明の細いカテーテルを押し出すと、ツーッと進んでいた。

乳首を弄ると

オマンコに擦りつけて
もう、違和感を感じていない様子である。内性器に医療器具を通されているというのに、検診台の上で大人しくされるがままになっている。それでは、お薬を入れますよう。大好きなお爺ちゃまからいただいた白いお薬が入りますからえAIHカテーテルの後端に小型の注入器を接続した女医が、人工授精の準備ができたことを
告げた。針のない注射器を思わせる注入器の中には、五シーシーほどの精液が入れられている。菅野翁から111度に分けて採取したものを、密度勾配法を用いて動きのいい元気な精子を厳選し濃縮してあるのだった。

クンニリングスもしてもらうと

その上、出産後の引取先に事欠かないよう、X染色体だけを選りすぐり女の子だけが生まれるように精製したものである。よろしくお願いいたします。可愛いこの子を清い身体のまま孕ませることを思うと、かしこまりました。それでは注入いたします…胸が高鳴った。女医がゆっくりと注入器のピストンを押し込んだ。通常の三倍の分量を濃縮した精液がゆっくりと注入されていく。

お尻をいじられると

肛門に押し当てたいくら媚薬を塗られていようと

体のどこが性感帯になっていて、その部分をどうされると気持ちよく感
じるのかということが、その人ごとに千差万別らしいんですよね。とは言うものの、でもってそれは、われわれ男のそれとは全く違っているらしいんですな。ほとんどの女の人にあてはまる共通点はあるわけですよ。そう前置きをした上で仁藤は、驚くべきことを教えてくれた。
お尻の穴でイクのを

尻を下げペニスだけが相変わらず隆々と
尻を下げペニスだけが相変わらず隆々と
エッチなんだ
エッチなんだ


股間部分のマジックテープをピリピリと剥がすと

下着を汚していたかもしれない圭介は不そんなこ

今も申し上げましたように、私たち男は性感帯が激しく刺激されればされるほど、気持ちよく感じる。という傾向があります。だからこそ普通のピストン抽送法よりもペニスの先っぽが激しく刺激される、先端摩擦法だとかデカパン法のほうを気持ちよく感じる方たちも多いのでしょうし。だもんで私たち男性の中には、ついついそれは女性も、同じだろう。と思ってしまう人がいるようなんですね。

肛門検温の虜にさせるという謳い文句がよくわか

清のペニスはペニスを女性の膣に挿入して激しくピストン運動すればするほど、相手の女性もひいひい言って喜ぶはず。だなんて思いこんじゃっている男の人も、決して少なくはないんじゃないでしょうか。でもそれは、とんでもない大きな勘違いだと言わざるをえません。ほとんどの女性は私たち男性と違って、必ずしも激しく荒っぽい刺激を望んでいるわけではありませんので。そして仁藤は、こう説明を続けたのだ。
ペニスが体内をかきまわすペニスは誠が身体を動かさなくてもやわらかいたいていの女性が気持ちよく感じられるのは、もっと優しく穏やかな愛撫のしかたをしてもらった時なんですよ。ところが私たち男性の多くは、そんな女の人たちの感じ方について充分な知識を持っていませんよね。ですから間違った思いこみに基づいて、必ずしも女の人たちが充分に気持ちよく感じられないセックスのしかたをしちゃっている男の人も多いのでしょう。けれども、それでは女の人たちが可哀相じゃないですか。だもんで悦楽同好会では、ちゃんと女の人たちに気持ちよく感じて満足してもらえるような愛撫のしかたについて皆さんにご紹介させていただく機会を設けることにしたのです。

乳首の形をくっきりと映し出している

そういう愛撫のしかたを私は、仮に軽なで法。と呼ばせていただくことにしました。女の人の体を優しく穏やかに、軽くなでる愛撫のしかたが中心になりますもので。というわけで今から、この軽なで法の具体的なやり方をご説明させていただくことにしましょう。そう言って仁藤はもう一つ、私には意外に感じられたことを話しはじめた。
オッパイねえ


亀頭を撫で回す

射精しないと私たち男性の中には女の人とセックスをする時、いきなり自分のペニスを相手の陰部へ挿入してピストン運動を始めちゃう人もいるようですよね。あるいは少しだけ相手の胸を揉んだりしてから、わりとすぐピストン運動に移ろうとする人もいますし。相手の女性の陰部が愛液で濡れてさえいれば、もうペニスを挿入しても大丈夫だと判断してしまうのでしょう。でも、これは間違いです。陰部が愛液で濡れているというだけで
その時点でも確かにペニスを受け入れるこは、まだその女性が男性のペニスを自分の体の中へ受け入れる準備が整ったとは言えないんですよ。

クリトリスを舐め回した

ペニスの先っぽで

女医が、問診票に従って、そっ、それはア。答えの知らないこと聞かれたように、結衣が言いよどんだ。笑みを絶やさない医師が、さらに問いかけた。小学生でも知っているはずのことすら答えら月日や曜日の把握は、知能検査の要目である。れず、哀しそうにうつむいた。もちろん、老人が施している幼児退行が、カレンダーのない部屋で暮らしているため、知能にまで及んでいるわけではない。アナルに侵入してきた

下着の色が浮き上がるスカートは机の上に脱ぎ捨

フェラチオをしかけてきたことが高見にとっては監禁以来、正確な日付が判らなくなってしまっているのだっお嬢様には、広範発達障害の傾向が見られますわねえ。オシメが取れないのも、その為かカルテにペンを走らせながら、問診の結果を伝えた。はい、せめて日中だけでも、オシメが取れるようになれればぁ…
めくれたスカートから見えるオシメカバーを撫でながら、わざと暗い表情を取り繕ってみせた。
ペニスを握って振りながら

お尻の穴も尻の穴が舐めて欲しいと言って

尻肉を掴み揉み回した
病弱で、中学生になっても排泄の自由すら利かない孫が、不愍でならない…そんな保護者の立場を心底楽しんでいるのだった。かしこまりました。診断書には、オシメ証明書を添付いたしますね。机の上にあるカルテに、先生、サラサラと紅い文字を書き加えたありがとうございます。これで、うちの結衣もやっと…膝の上の孫をあやしながら、さもうれしそうに笑みを浮かべたオシメ証明書。は、この患者は、排泄の自由が利かず恒常的なオシメの着用を要することを証明する。

股間に顔を近づける

乳首がキュンと上を向いている
という内容の、簡単な文書である。だが、会員にとっては愛児の幼児退行教育が順調にすすんでいるとの認証になり、ステータスでもあるのだった。もちろん、実際の病状とは何の関連もない。オシメ証明書。もまた、会員の快楽を高めるために作り出された制度の一つなのである。だが、患者の側にとっては、まったく意味合いが異なっているのだった。

股間で屹立している肉茎に通して紐の長さを調節

愛撫だけで絶頂に達してしまう例があ男の人が女
一旦、証明書が発効された患者は、愛育院にいるあいだオシメの着用が義務化されるのである。そして、オシメを嫌がり勝手に外してしまったりすると、馴致のためのお仕置き治療が待ち受けているのだった。このウサギさんは、お歌をうたえるのよ、結衣ちゃん。問診の合間に、看護師が、セーラー服の膝にあるヌイグルミを手にとって振ると、ルの音が童謡を奏でた。うさぎ、うさぎの懐かしい調べである

挿入したままの状態からエリカの片足をかつぎあ

おう、おう、とっても可愛いウサギさんだねぇ。オルゴ看護師から受け取ったヌイグルミを、今度は老人が振ってみせたこんなことで思春期少女の機嫌を取り結べるはずのないことなど、診察室の誰もが承知している。だが、小児科受診の雰囲気を楽しむ保護者にとっては、診察を嫌がって泣き叫ぶ幼児がどんなにあやしても泣きやまないと、まったく一緒である。愛育院の会員にとっては、こうした行為の一つひとつが、たまらなく楽しいのだった。ここは1ここは、いったい、どこなのウ。どうして、助けてくれないのウ。

女子高生が

股間を持ちあげて剥きだしにした恥ずかしい姿に

うん、一応はついているみたいだね。なっつ!こ、これが女の子の手の感触…。あなたも期待はしているようね。私に魅力が無いというわけじゃないようだし。や、やめなさい!どこを触っているんだお前!どこってチンポ?女の子がそんなはしたない言葉を遣ってはいかん!オチンポ。おをつければいいって問題じゃない!
ペニスを当てがうと一気に押し入った

クンニリングスをされたこともことも
クンニリングスをされたこともことも
亀頭が女体を掻き分ける
亀頭が女体を掻き分ける


大陰唇の間から

射精の感覚を

あなた、女の子にイメージ持ちすぎじゃない?だからと言って、そういうことしていいわけでは…。ああもう、七生さんだけかと思ったらこいつもか!一体どうなってるんだこの島の女の子はあ、そっか…童貞だから自信がないのね。女の子に対してどう振舞っていいのかわからないんだ。

痴漢に遭い何度襲われかけたことか見えそうで見

女子高生啊で万引きなんかしたのスベベベ別に、童貞とかそういう意味じゃなくて…。図星?ぐっ!確かにその通りだけど…女の子の裸は正直想像できないし、かとか…ふふ。な、なんだよ…。どうやって挿入すればいいのずいっと巡が近づいてくる。私が先生に、気持ち良さを教えてあげる。こ、このタイミングで先生って…まずは手コキとかどうかしら?ほら見て、私の手ってすべすべしてるでしょ?
クリトリスをこねまわし刺激した肉棒は初めて目の当たりにするリアルな女性器に今からこの柔らかい手で、勃起しまくってカウパーでとろけちゃつてるオチンポを一方的に擦られて、射精するまで気持ちよくなっちやうのぐっ!巡の言葉が脳裏に響いてくる…ああ、ダメだ、そんなことを言われるとますます反応してしまう!こんなちっちゃい子の手で、欲望の赴くままたっぷり射精できるの。外でやったら犯罪確実な状況…ね、燃えるでしょ?くうっ…ああ、まずい…巡が囁くだけで、身体がますます興奮してくる

乳首は硬くなってィはつけていなかった

くすくす…女の子に縁のない、可哀相な童貞先生のために、私が優しく射精まで導いてあげる。初めての手コキがこんな小さい子に一方的にされるがままだなんて、一生思い出に残っちゃうわね。
か、身体がどんどん熱くなって…ああっそうして私の気持ちよさが忘れられなくて、先生のチンポはますます私を求めてしまう。ついたら、もう私から離れなくなってたりして。くうぅぅっ!
愛撫しているあッ


膣をかすめたかと思うと

乳首イイッ気がだが、これは考えようによっては童貞脱出ま、まずい…これ以上はのチャンス!絶対にまずい!考えてみれば女の子に誘われるなんて、これまでの人生になかった一大イベントだ!だが…いいのか?このまま誘いにのってしまっても…そ、そうだこのチャンスを逃してはならない。女っ気皆無のこの俺にようやく巡ってきた貴重なチャンス!絶対にモノにしなければなら。なだが…俺はちゃんとできるだろうか?まったく自信がない。

エッチなことしょっかー

股間に手を伸ばすが

クリトリスが次第に硬く
JKとのキスで

精液の臭いを思わせる体臭を発する脂ぎった身体は、若い女の子が本能的に嫌悪感を覚える要素を濃厚に含んでいた。だが、手も足も革ベルトで縛られたまま移動椅子に乗せられてきた弓子には、逃げる術がない。天井から鎖でつり下げられた首輪をはめられた弓子は、Qの命ずるままに動く世話係や小間使いたちによって、洋服を脱がされていくのだった。やがて、恥ずかしいスリップ姿に剥きあげられた弓子の目の前に用意されたのが、子とよばれる不気味な拘束装置であるパイプ椅細いパイプを組み合わせて作られた拘束椅子は、弓子が固定される寝椅子とQが坐る安楽椅子の部分とからなっており、ちょうど母親が赤ん坊を膝に抱くときと同じように、若い肉体を横抱きにするための装置である。弓子の坐る安楽椅子は、背中やお尻の当たる部分に小さなクッションが取り付けられているだけで、いやらしいQの目から隠れる部分がまったくないそればかりか、パイプには、ロボットのような関節が取り付けられていて、ボタン一つでどんなポーズにでも強要できる恐ろしい機能が隠されていたのだった。
ペニスを舐めているうちに

エッチはエッチモードになった真菜は

しかし、弓子を厳重な拘束下に置き、むりやりパイプ椅子に乗せようとしているのだったが不思議なことに残虐な雰囲気は微塵も感じられなかった。さあさあ、そんなにあばれないで、椅子から落ちてしまうわ。すぐにちゃんとしてあげますからね。アラそんなにいやなの。仕様のない子ね。それじゃはじめに、お腰をこのバンドで縛っておきましょうか…Qや世話係たちは、十九歳になる弓子を赤ん坊をそのままに扱うのである。むずかる幼女を
あやすような口ぶりでなだめながら、その一方でじわじわとパイプ椅子に固定していくのだった。

ペニスを水平に

身体にベルトを掛けられ、起き上がることのできない由美子の寝椅子が、Qの座る椅子へと移動していき、しっかりと結合された。身動きのできない弓子は、Qの膝の上でお守りをされるまったくの赤ん坊であった。淫らな血液で充血した手が、女の子の恥ずかしい部分を遠慮なくなで回す。Qの命ずる屈辱的な要求を拒むたびに弓子は、悪い子としてお仕置きの対象にされ、屈服を迫られるのだった。おとなしい素直な子になることを条件に、ようやく猿ぐつわを許してもらった。
ペニスはすぐ浮かぶというのに

痴漢が趣味の男って

そしてパイプ椅子に坐らされたままストローを咥えさせられ、赤ん坊のようにジュースを飲ませてもらうのだった。Qの介助によってジュースを飲むことに抵抗を覚えたものの、一口すすった途端、羞恥を忘れた。恐怖の中で、喉がカラカラに渇いていたのである。ジュースを飲み終えた弓子の身体に、異変が生じた。どうしたわけか、恐ろしいほどの早さで尿意が高まり始めたのである。

股間にめり込むほどきつく食い込んでいる
肉棒を舐めまわし舌を絡め

セックスしなくなると

勃起しちゃったのはだが、十九歳の無垢な女の子が、どうして中年男に恥ずかしい秘密を告げることができようか。恐怖と羞恥のためトイレの欲求を口に出せずにいる弓子に恐ろしい言葉が告げられた。さあ、もう泣くんじゃないよ。しずかになるように、またさるぐつわをしようね。Qの言葉には、少しも罪悪感がない。まるで子供にオモチャでも与えるような口調で猿ぐっわをほどこそうとしているのだった。ああ、かんにんして。
勃起しているのが分かった

肛門がばくばくと息づいている

さあ、あきらめて言い付けを聞かなくてはだめだよ。また、弓子の歌うような、すてきなうめき声を聞きたくなったのでね。お願いです、おトイレにいかせて。ふたたび自分の口の自由が奪われるのをさけられないと知った弓子が、細い声で恥ずかしそうに言った。今すぐトイレに行かなければ、失禁しそうなほど尿意がひっぱくしているのだっおトイレって、どっちの方だね。

お尻を高く高く突き出す

アソコってどこをだ

気持ち良いオスマンコで先生のチンポにこれを、もっと前に…ええそうよ先生。ほら、もう少し。そうだ、もっともっと…前に…はぅぅうっ!はああっ!くう!この快感は…急に激しく身体を襲ってきた快感で、俺はようやく正気へとな、なんだ!戻ってきた。この肉棒にまとわりつく気持ちよさは何だ?俺は一体…どこで何をしてはううつ!ああっ!ん、ああっ、くうう!なっ!嘘だろ?
お尻の谷間に手を滑り込ませ

ペニスを奴隷の鎖を引き
ペニスを奴隷の鎖を引き
肛門の奥にまで塗りつけた
肛門の奥にまで塗りつけた


わたしのアソコが

オマンコ触りながら

俺は一体何時の間に巡の中に挿入して…はあ·チンポ、すごい先生の童貞、私のオスマンコが奪っちゃったくうっ!ああっ!い、何時の間に…俺は挿入したのか気になるが、このままだと確実に搾り取られる!そうなる前に、早くこれを巡から抜かないと…クチュッ…ぅぁああっ!はぁぁっ!動かされただけでぇ…ああっ!ぁぁっ!はあす、すごい…。

愛撫してみてください

ペニスを揉んでいるのだオスマンコのお肉が擦られちゃうぅ!あ
ちょっと抜こうとしただけなのに、が抜けてしまう。この快感…中のきつきつした感触で、すぐに身体の力こ、これではとても抜くことなどできない…、男の娘なのにオスチホの味覚えちゃった…私、男の娘なの女の子みたいに犯されちゃってる…。にいはっはあ、!そんなうっとりした顔で、そんなこと言うな!こんなに深く突き刺して…男の娘の一番深いとこでチンポを感じちゃったら、れないから…。
股間をあんなに優しく撫でていてくれたのかチンポコキで先生のチンポもう確実に戻巡はおそらく本気で言っている。俺もおそう…この身体が熱くなる感覚…俺も分かる、そらくもう元に戻れない。この快感が身体に染み渡って、細胞の一つ一つが生まれ変わっていくような…新しく作り変えられるかのような、この感覚…はあ巡…それなのに何故笑うんだ。そんな笑みを浮かべられると、俺は…これから、こうして気持ちよくさせてあげる…はあ…先生がオチンポ入れたくなったらいつでも足を開いて、オスマンコ使わせてあげるから…。

射精しました

だから、もっともっと…先生のチンポを動かして、完全に私のモノにしてぇ!ああ、結末がわかっているのに…どうして、俺はぐううぅぅっ!こ、腰を動かしてしまうっ!はあううつ!ああつーんはっ!あぁああっ!ああぁああっ!はぁぁっ!くぅぅ!ん、んあぁっ、あ、あ、はな…なんだこれぇ…もう、次元が違う!すごい私、男の人にチンポで突かれているうはああっ!はああっ!あ、んなに動いてぇ…はあっ!
ペニスがバネ仕掛けのおもちゃのように弾け出る


セックスほのぼのセックス

奴隷になれって言われて先生、私のことオナホール扱いにするつもりなんだぁあはくぅー挿入するたびに、キツキツの感触が俺…男の娘に肉棒を搾り取られている柔らかい壁に圧迫されて…すごい確実に、射精させにきているのがわかるっ!はううっ!ああっ!ダメとわかっているのに腰が止まらないい!はああっ!すごい!はああっ!ああっ!ああっ!先生、このままオスマンコに精液の味を覚えこませてえ、付けしてぇ。ダメだ…も、もうああっ!ああぁああっ!

射精に至るのは困難ですよね

愛撫に反応してしまったのだ

セックスしてしまう可能性があることなんて
子宮がキュンと収縮してしまう

お爺ちゃんは、桃子ちゃんの嫌がるようなことを無理やりしゃしないからねぇ…目の中に入れても痛くないような可愛い孫の頭をスリスリと撫でまわした。もちろん、赦したわけではない。肛門検温は、この子のためになることなのだからうして頭を撫でながら、気持ちの落ち着くのを待っているのだった。でも、此処を見てごらん…。頃合いを見て、えツー。声を掛けた食いついてきた!あとは、タイミングを合わせながら釣り上げるだけである。ほら、規則的な検温習慣のために。という、ここの部分だよう用するためには、長期にわたって定期的な体温測定が必要となります。
愛撫は繊細で可憐に俺をいい声で鳴かせてくれる

肛門から真紅の血が流れ

このため、弊社では羞恥心の強いお子様のために、肛門検温誘導剤天使のおねだり。を開発いたしました。体温計を挿入する前に本薬剤を肛門周囲及び直腸内部に塗布することにより、嫌悪感がやわらぎ、白基礎体温表を有効に活
んが、ナスビ型肛門検温を嫌いになったら困ると思ってねぇ、お爺ちゃんは、天使のおねだり。

フェラチオさせてください

というお薬も一緒に買ってあるんだよう。桃子ちゃんが、ナスビの体温計を好きになるように、少しだけ塗ってみようねぇ。ナスビ型体温計の取扱説明書をていねいにたたんだ老人が視線を移した先に、手の平に乗せられた白いクリームの容器があった。菊代が、キャップを開けようとしている容器のラベルは、中世の宗教画を思わせるような天使のイラストが描かれていたやめてェ、お爺ちゃまア。お願いですから、変なお薬なんか使わないでぇ。
お尻の谷間に手を滑り込ませ

女子高生は指にからませるようにしながら愛撫す

午後の日差しが射し込む座敷に、保護者を夢中にさせる愛くるしい声がこだました。だが、どんなに叫んでも救いの手は、どこからもさしのべられなかった。広大な敷地にひっそりと建つ屋敷に住まうのは、十三歳の赤ん坊と二人の保護者だけなのである。今にも泣きだんさんばかりの悲鳴は、二重ガラスの戸に阻まれて雪の中庭にさへ届かなかった。さあ、お嬢様。お尻にお薬をしましょうねぇ。しなやかな指がクリームの蓋を開け、薄紙を剥がすと、ワセリン系潤滑剤特有のねっとりとした油薬が、桃子にもはっきりと見えた。

男根で性器内部を擦られてタラタラと血を流しつ
バイブの振動だけでいいのかな

オッパイのあたりにもなにかが来ています疑似餌

膣肉は少しずつほうら、アンヨをタカイタカイしてごらん。お薬が塗りやすいように、こうしてお尻を広げようねぇ。膝裏に腕を差し込み、幼児にオシッコをさせるときのようにお尻を持ち上げた。両の手首と足首を結ばれている少女には、抗いようのない姿勢である。クリクリしたお尻が前に突き出され、無防備な姿勢に押さえ込まれていった。
ペニスを押しだすこともできなかった

バイブを操る手を休めることなく

やめてエ、嫌ツ、イヤだったらぁ。クリームの平面に、指でこすり取った痕ができた。人差し指の先端に、淡黄色をした薬剤がたっぷりとからめ取られている。ふッふッふう、いつまでも、そうしていてごらん。このお薬を塗ってあげると、どんな悪い子でも、すぐにお熱を計るのが好きになるそうだよぅ…。

バイブもローターも

乳首に吸い付く

調教なんてできるかしらね
オッパイも愛撫し

横で聞き耳を立てていた正也が雨宮美那と聞いて、浩平の顔を確かめた。ホント?と口パクで話すと、浩平が小さく頷いた。仕方ないさ、会社を飛び越えて本人とエッチなパコパコ人妻。は、もう話をつけているんだからな。それにうちだって儲かるし、美那だって相当な金額が入ることになる。
挿入してしまったら

挿入できるほど硬くなることを前提にしての見方

それにいまじゃ、海外サイトは一般的になってきた。モロ見えになったって誰も驚きはしない。それと納期は任せるそうだ。細かいことは本島と美那と決めてくれ。あと、電話で俺と話したことで、この話は黄色い夢。に受けてもらったと考えていいかええ、勿論。

美保が下半身よ

それじゃ、撮影料は振り込むように伝えておく。いつもの3倍だと言っていた。ずいぶんと良い値だな。はい、そうですね。オモテの女優さんは演出が大変なのでフム、そうか。わからんでもないな。クスリと含み笑いをして葛西がそう返答した。の挨拶をして電話を切った。それで話は済んだ。
女子高生が

処女の谷間を下からニュルリと撫で上げます

互いに最後それを待っていたかのように正也がウソでしょ。雨宮美那がウラ物に出るって?いや、ホントのことだ。昨年まで連続三回、AV大賞の熟女女優賞を貰っているんですよ。ああ、それは俺も知っている。なにもウラに出なくても、十分稼いでいるのに、噂ではTVドラマのオファも来ているそうだし。本人がエッチなパコパコ人妻。と話を付けたらしい。葛西部長はそう言っていた。それに葛西部長の事務所もかなり儲かるそうだから良いんだろう。

ペニスの躍動感に秘芯がジンジンとひりつき
ペニスが下腹部をこすった

ペニスがサリナに言われるとおりにペニスを

下着も無いしTV出演だってウラ物に出ていた女優が出演しているのは何本もある。ウラでモロ見せしてもTV局は気にしていないのさ。いや、その方が話題性があって良いのかもしれないな。そういうもんかなぁ。そんなもんさそして浩平が受話器を取って耳に当て、プッシュキーを押浩平が言い切った。しながら。一本電話をかける。キーを押し終わり、本島さん考え。少しの間待っていると繋がった。
尻を振り続けている

尻を打つあしかし

·もうそこには葛西部長いませんよね。
聞いていますよね。雨宮美那の件。はい、拓海さんとうちの部長との話を聞いて。それで撮影なんですけど、半月ほど待ってもらえますか。忙しいんですか?ええ、2本立て続けに入っちゃいまして。

お尻の谷間に手を滑り込ませ

大陰唇が割れて

恥ずかしい部分を洗われたり、ダッコされて湯船の中に入れられたり…。思春期の少女を赤ちゃんに見立てて弄ぶ幼女趣味者の手にかかっているのだとすれば、股間に翳りがないことも納得がいく。赤ちゃんに近づけるためと称して剃毛をするのは、幼女趣味者の常套手段である。週刊誌から得た知識によれば、剃毛を施した後、毎日脱毛クリームを塗り込めて、本物の幼女を彷彿させるようなスベスベに仕上げるのだという。思春期の少女なら当然あるはずの恥毛がまったく見あたらないため、一筋の小川のような愛らしいスリットが童女のようにクッキリと見えるのだった。

セックスレス夫婦なんて
セックスレス夫婦なんて
亀頭が粘膜に包みこまれている
亀頭が粘膜に包みこまれている


膣蹂躙蕩ける

セックス放浪記は続く膣内に注入されて、おまんこから溢れ出る愛汁がたまらなくエロいです次の写真では、大きなパフを手に取った老人が少女の身体にまといつくようにして、ベビパウダーを叩いていた。首から胸へ、小指の先ほどもないような乳首を愛撫するようにパフをはわせていくのだった。恥ずかしそうに身を縮める少女。だが、両手の自由を奪われているため、老人の手を避ける術がないのだった。開かせた股間の正面にしゃがんだ老人は、少女に何を語っているのだろうか。ニヤニヤと嫌らしい笑いを浮かべながら、思春期の身体を大きなパフで遠慮なくなで回していくのだった。

膣が男性器をくわえ込みたいと叫び出します

射精しそうだった着替えのため、両手の自由を得たのもつかの間である。素肌に縮み織りの浴衣を着せられた少女の手に、網カゴから取り出された紐が巻き付けられたのだ。長い監禁生活で、抵抗の意志をすっかり摘み取られてしまったのであろう。両手を背中に回され、後ろ手に縛られていくというのに、あきらめたように為すがままを受け入れている続いて、幼児そのままにダッコされている写真が写った。座椅子にどっかりと胡座をかいて座った老人の胸に、背中をあずけるようにして後ろ向きに抱かれているのだ入浴のあとの水分補給なのであろう。チンポで女の子にして欲しいのなっチンポを浴衣の上からエプロンタイプの大きな涎掛けが当てられ、座卓にオレンジジュースが用意されている。だが、ジュースの容器は、普通のコップではなかった。ほ乳ビンのようにゴムの吸い口が付いた、離乳用のコップなのである。
老人が、赤ん坊を横抱きにするようにしてゴムの乳首を含ませると、じた少女があきらめたように口を開いた。恥ずかしそうに目を閉両手を縛ってあるのは、単に逃亡を防ぐことだけを目的にしているのではないようだった。

オーガズムを迎えたのだ

手を使えければ、思春期の少女といえども本物の赤ちゃんと同様に、まったく何もできなくなってしまう。身の回りのことを何一つすることができない状態に追い込んだうえで、母親が赤ちゃんにしていやるような世話をしていることが、はっきりと伝わってきた。ジュースを飲み終えた頃、胡座の中の少女がモジモジと身体を震わせはじめた。離乳コップの中に、排尿を促進させる利尿剤でも入れてあるのであろう。赤ちゃんゴッコの典型的な楽しみ方であるやがて、カメラが予想どおりのものを捉えていた。


肉棒が滑り込んでいくところを見たとき

女の子が、オシッコをしぶかせたり逸らしたりして粗相をするのを防ぐための処置なのであろう。ビニールと古新聞が敷かれた上に可愛いアヒルのオマルが用意されたのだ。嫌々する少女を背後から抱き上げ、幼児のオシッコスタイルに抱き上げる過程が連続写真で記録されていた。何度目かの空撮で、三人一緒に写っている写真が手に入った。やはり、あの子は花柄の着物を着せられた少女が、老人の膝を枕に仰向けに寝かされていた。肉棒で塞ぐ