「射精てるぅツーはああツーすごい」タグアーカイブ

セックスしてきたのだろう

フェラチオより快感な自慰

ペニスを剛直はあまりの強い締めつけで真っ赤に膨れ上がり、白濁と化した愛液で濡れそぼっている。ああ、よかった。もう少しで射精するところだったぞ。上半身を起こすと、破瓜の血は付着していない。ら気合いを入れた。芳彦は頭の片隅でそう認識しながらも、白いよいよ、君江から受けてきたレクチャーを役立たせるときが来たのだ。ここで、四つん這いになればいい?ええ。あんまりジロジロ見ないでね。
ペニスはすぐ浮かぶというのに

レイプ犯の奴隷に堕ちてしまった真帆だったとは
レイプ犯の奴隷に堕ちてしまった真帆だったとは
ペニスを女性の
ペニスを女性の


射精てるぅツーはああツーすごい

勃起している

美少女の愛くるしいヒップ、その下方に位置するこんもりとした恥丘はもちろん、アヌスまでもが曝け出されている。学園のマドンナの、こんなはしたない恰好を見られるなんて。お尻の穴なんかちょんと窄まっていて、かわいいや。すでに先ほどの情交で路をつけていたのか、膣口がぽっかりと開いている。芳彦は小鼻を広げると、膝立ちの体勢でペニスの切っ先を淫裂へと押し当てた。

ペニスを秘裂に当てがうと

アソコが熱くなって満を持して腰を繰り出すと、怒張はほぼ抵抗なく膣の奥へと埋没していく。ソつーソうう!莉奈は上体をビクンと仰け反らせ、尾を引くような喘ぎ声を放った。
ペニス全体にややこなれた肉襞がまとわりつき、も臨界点への境界線を行ったり来たりしているその締めつけは相変わらず強烈で、射精感ついにこの時が来たとばかり、芳彦は最初から激しく腰を打ちつけていった。パンパンパンと、芳彦の恥骨が莉奈の可憐なヒップを叩きつけ、高らかな音を響かせる。あいやっ!すごい!しなやかな身体が凄まじい速さで前後に揺れ動き、莉奈が驚嘆の悲鳴を発する。
拘束具で車椅子に縛り付けられている身ではフェラは熱を帯びすでに芳彦のペニスは、膣の締めつけによって無感覚に近い状態になっていた。美少女に対するこれまでの思いを、この一瞬にぶつけるべく、ただ一心不乱に腰を繰り出す。君江さんのときとまったく同じ、入ってる所が全部見えるぞ。ああ、なんてエッチな光景なんだ!おチンチンが出し入れされるたびに、おコの中のお肉が飛び出てくる!

愛撫が加わるたびに赤黒い

芳彦は歯を剥き出しにし、ひたすら抽送を繰り返していた。ああ、いやつ。気持ちいい、気持ちいいよぉ。脳裏からは相手が憧れの美少女という思いは消え去り、ただの女体というひと括りのイメージしか残されていない。今の芳彦は最高の射精を迎えたいという、性欲本能だけに衝き動かされていた顎から滴った汗が、美少女のヒップの上にポタポタと落ちる。全体がほんのりと桜色に染まっている莉奈の身体も汗で濡れ光りピストンの動きを速めると、膣壁がさらに狭まり、ペニスが凄まじい力で引き絞られた。うねる媚肉が、上下左右から怒張を揉み上げる。
セックスとは何かということだった


ペニスを思い切り深くまで

ペニスに貫通され肉胴に絡みついた11枚の濡れ羽が、剛直の表面を苛烈に擦り上げる。やがて二人の性感は、絶頂の扉を同時に押し開こうとしていた。あぁああ、また何か変!変なのおお!莉奈が金切り声をあげたかと思うと、顔を上下動させ、上半身をガクガクと痙攣させる。して顔を横向きにさせながら、頭を床にペタリと押しつけた。