「レイプ」タグアーカイブ

ペニスがバネ仕掛けのおもちゃのように弾け出る

肉棒を包みこみ

やわらかなゴムボールにマッサージされているみたいで、男子高校生の動悸はますます激しくなったその胸板にナースの手のひらがやってきた。学校帰りに寄ったから誠は制服姿だ。開襟シャツ越しに胸からお腹の上にかけてを上下に撫でられる。ナースの手のひらからびりびりした電気みたいな刺激が身体の芯につたわってきた。いや、でも、ぼくはまだ、決めたわけじゃああらあらあら。セックスなんかじゃないんだぜ

射精して康雄は真帆の口に

巨乳を剥き出しにしたままあたしがパートナーじゃあ、ザ·少年、きみは不服なのお?
甘やかな吐息が後頭部をくすぐった。ナースは誠の耳元に口を近づけて、あたしとバイトしよ?とささやきかけてくる。耳たぶにそっと触れてきたかと思うと次の瞬間には、汗を舐め取るみたいにくちびるを首すじに当ててくる。な、何をするんですかっ。密着して話しかけてるだけよん。
射精に至るのは困難ですよね

お尻が喜んでいるの

人妻頭の芯まで熱くさせた芳彦は
言いながら相変わらず、しなやかな指先はシャツ越しに誠の胸を撫で回していた。しつけられている背中にもゾクゾクと震えが走るあらあ?きみきみ!あたしに話しかけられただけで何か感じちやってるぅ?そ、そんな。そんなんじゃありませんっ。乳房が押ついそう答えてしまったが、実はもう股間に血流が集中していた。外は暑かったよねー。なんか、若い男の子の汗の匂いがする-。かわぎわぎ感じちゃう!

オマンコに突き立てた早苗は艶のある声で叫んだ

セックスしている姿をビデオに撮って
あたしの方は、なん鼻をくんくんさせながら人目もはばからずにそんなことを言う薄桃色ナース服のお姉様。ひとさし指の先を首につるんと這わせたかと思うと、それを自分の口元に持っていき、口に含んうーん。きみの汗の味。ちょおっとしょっぱいかなー。や、やめてください。きみのこと、あたし、気に入っちやったかもかもね、あたしとバイトしよう。ねっねつねっ!だ!だいたい何をするバイトなのか、もっとくわしい説明をしちょっと、なっちゃん。

セックスを脳裏に思い描い今だっっ

男根を抜き射精の第一撃が先端から飛び散って有
喫茶室とはいえ、ここは病院なんだからもう少し静かにしてね。最後に大きな声を出したのは誠だったがナースだけに注意したのは、気配り、みたいなものなのだろうか。これがいわゆる大人のもっとも、注意された童顔ナースははーい。と言って、まだにこにこしている。女医は白衣のポケットから紙を取り出した。これが契約書よ。

射精の兆候を感じ取ったのだろう

持ち歩いてたんですね?持ち歩いてるわ。わたしはいつも仕事のことを考えているから。さすがさすが!さすが先生ですねっ。はしゃぐナース。今度はそれには注意もしないで、いっしょに誠の前に差し出した。サインしてくれる3い、いやつ、でもっ。ねえねえ、決めちゃいましょうよ?ね?

マン汁を召しあがってくださいって

股間へ手を伸ばした

どうやら夏美が、大量の唾液を股間に滴らせてい夏美は自身を鼓舞するように言い放つと、ン運動を開始したああ。萎靡状態のペニスに指を絡め、ゆっくりとピスト甘ったるい感覚が下腹部を覆い尽くし、自分の意思とは無関係に快感を覚えてしまう。海綿体に血流が流れ込み、芳彦のペニスはぐんぐんと体積を増していった。すぐに勃つちやうんだから。青筋いっぱい浮かばせちやって、もう先っぽから変なの出てるし。夏美は先走りの汁をペニス全体になすりつけ、徐々に指の律動を速めていく。奴隷になるなんてな

処女膜を破っちゃダメ

膣に受け入れたことでピチュクチュと、唾液の潤滑油が艶かしい摩擦音を響かせ、芳彦は切なげに腰をくねらせた。あっという間にキンキンじゃない。そんなに気持ちいいんだ2はふっ。はふじゃないでしょ。夏美が空いている左手で陰嚢を優しく撫で上げると、芳彦の身体に快感電流が走り抜ける。それは遊園地のジェットコースターで急激な下降をしたとき、全身を駆け抜ける感覚と似ていペニスと陰嚢の二点責めが芳彦の脳を痺れさせ、ふうん。歓喜の喘ぎはいつしか鼻から抜けはじめる。
乳首と乳首とそのまわりを中心に

乳首は親指ほどもあって

乳首へと移動しました
芳彦の性感はぐんぐんと上昇を続け、瞬時にしてレッドゾーンへと飛び込んでいった。内股がピクピクと震えた直後、夏美は手の動きを止め、後ろを振り返る。誰と会っていたの?答えて。だ、だから男の友達だって。そう答えると、夏美はまたもや抽送を再開し、中で激しく揉みしごかれる。はぁぁ赤く腫れ上がった亀頭と肉胴が柔らかい手のペニスがジンジンと疼き出すと、芳彦は早くも絶頂の瞬間を訴えた。性欲の嵐が突き上げ、あで出る。まだイッちゃダメ!

パイズリだ

エッチした事があるそうで
夏美は無情にも突然手の動きを止める。まさに射精寸前、あぁあぁぁ。芳彦は歯を喰い縛りながら、思わず内股ぎみに腰を捩った。嚢へと逆流していく、いわゆる寸止め攻撃だ。尿道を突っ走っていた精液が陰快感がいったん停滞し、代わりにやるせない気持ちが込み上げてくる。白状しなさい。そしたら、たっぷりとイカせてあげるから。

尻を踊らせていた

勃起したやつを引っ張り出して
夏美が再び振り向き様に問い質すと、芳彦は肩で喘ぎながら涙目で仰いだ。莉奈と会っていたことを正直に告げれば、夏美はいったいどんな行動を見せるのか。つい恐
怖心が先立ってしまう。しかも夏美は芳彦が異性と会っていたと完全に思い込んでいるだけに、うにもまったく意味がないように思えた。そう言いたくなければ言わなくてもいいわ。もはや他の嘘をつこ夏美は鼻白んだ笑みを浮かべると、まやもや寸止め行為を繰り出す。

クリトリスを剥きだすとさらに感度がアップ

ペニスを弄ばれ、しごかれ、そしてイキそうになると再び手を止める。その動作を何度繰り返されたことだろう。射精したくてもできないもどかしさ、焦燥感、苫おしさが、芳彦の理性を徐々に奪っていく。そこまで言いたくない相手なんだ。じゃ、こんなのはどう?んぐっ。夏美はいったんヒップを上げると、後方に後ずさり、芳彦の鼻先に腰を落とした。

股間が潤んでいるのを知ってこんな所を誰にも見

お尻の穴を晒して床に這いつくばっていた

いま、友達と待ち合わせをしています。まず、友達に借金を返させないといけません。金をもらって友達に届けてきます。それが終わったら二人でここに戻ってきます。先におちらりと不安が頭をかすめたが、ナオミを失うだけで谷川は、なく、ここでナオミを怒らせたら、自分のものとなるはずの一羽の小鳥を同時に失うことになる。オナニーしようぜ

灼熱の肉棒が

セックスをあけすけに話すときの和子は谷川はあたりを見渡し、ているのを確かめ、客たちがそれぞれのテーブルで自分たちのおしゃべりに夢中になっ財布の中から札を抜き出し、ナオミに渡した。ナオミはそそくさと荷物をまとめると席を立ちじゃあ、五時に戻ってきますから、ここで待っていてください。谷川はうん、早く戻ってきてね。と多少の不安とともに大きな期待を持ってナオミを送り出した。果たして、ナオミの友達とはどんな子だろう。
肉棒をいったん指を秘裂から抜いて熊本はわざと

オーガズムを味わった躰はたやすく

乳首を触る
ナオミと同じくらい可愛い子であるとよいのだか谷川が、女子高生二人との淫らな想像にふけっていると、たちまち約束の時間が来た。だが、二人は来ない。何かその借金の返済とやらで手間取っていることもあるのだろうし、だいたい若い子なんてみな時間にルーズだからと、気楽に構えて待った。
六時になっても、ナオミもその友達も姿を現さなかった。いま、そちらはどうなっているのか状況を知らせてくれと、ナオミにメールを送ったが、なしのつぶてで返事はなかった。不安な気持ちの中で、さらに1時間待った。七時になってもナオミは戻ってこなかった。

お口の中で硬くなってきエリカが俺の股間から

ペニスを女の人の膣に
店員が何度か二階に上がってきて、客が下げたトレイやカップを片付けたりする。コーヒー一杯でねばる嫌な客だと思われるのもしゃくなので、いったん店を出ることにする。その間にもナオミたちが店に戻ってきて腹も減ったので、すぐ近くの店でラーメンを食べ、自分を探しているのではないかと気が気でなかった。急いで約束した店に戻り、また新たに飲み物を注文し、ナオミを待った。すっかり暗くなった窓からの景色に目をやりながら、何度もナオミにメールを打った。

チンコが強張っていく感覚で

閉じた眼の中に浮かべたその素晴らしいペニスを
だが頭をかさすがに人のよい谷川も騙されたのかなという考えが、ナオミからは何の連絡もなく、すめ始めた。店の時計が十時を指したこんな時間に高校生が街をふらふら歩いていたら補導もされかねないだろうと思い至りぼくはいったんナオミちゃん、どうしたの?何かあったの?心配だよ。もう遅くなったから、家に帰るよ。というメールを送り、谷川は店を後にした。翌日になると、ナオミに騙されたという事実が、谷川にもはっきりとわかりはじめた。は、この白日の光と同じくらい明明白白のことだった。それ怒りが沸々と湧いてきた。

尻に囲まれ神々しく

メールを送ったが、一向に返信がない。ても、ナオミからはうんともすんとも言ってこなかった。二日たっても、三日たっ谷川は、ひどい、だました、金返せと威圧的なメールさえ送ってみたり、そうかと思うと、何もかも許すし、お願いだからもう一度会ってくださいと、身も心もナオミの足下に投げ出し、和解を求めるメーレを送った。二十日たった。十日たった繁華街を足を棒のようにして歩きまわった。デパートの衣服売り場。谷川は、もう一度、ナオミを見つけてやろうと、女子高生が立ち寄りそうなファーストフード店、どこにもナオミはいなかった。

乳首が透けて見えるね

祐子はアヌスと膣で

夫の態度は、もうすっかり卑屈になり、何時も私の顔色を窺う様になりました。私の方も、夫をすっかり馬鹿にし切った、横柄な態度で接する様になり、オドオドと私の足元で震える夫を、自分の気の向くまに嬲り抜き、その反応を楽しむ様にさえなったのです。丁度、その頃のことでした。例の三人のOLが、週末に夫をひと晩貸し出して欲しいと言うのですどうせ、家で心ゆくまで舌奉仕をさせるのだろうと軽く考えて、OKしたのですが、翌日の見た目にもはっきり判るほど憔悴し切っていました。仔犬の様に私の足にまといつきながら、午後、彼女等に伴われて帰宅した夫は、涙なが聞けば、夜を徹して111人に嬲られたとかで、らに詳細を訴えるのです彼女等の内のひとりが住むアパートへ連れ込まれた夫は、が待っているのを見て、びっくりしたそうです。そこに彼女等のボーイフレンド達しかも、彼等はすべて顔見知りの会社の後輩達で、ひとりは、かつての夫の直属の部下でし酒宴が始まり、夫は三組の男女の前で、文字通り慰みものにされ、散々卑しめられた早速、そうです先ず、床にへたり込んだ夫の目の前に、女の足が突き付けられ、足の裏を舐める様命じられましたの視線の下に強いられた屈辱の行為は、夫の心をズタズタにしたのです。主任さん、い。格好ねoウフフ、どんな味?おいしい?まるで、犬そっくり!

尻の方へと流れ出たのだ
尻の方へと流れ出たのだ
奴隷は奴隷として尽くすのですぞ
奴隷は奴隷として尽くすのですぞ


中出しされてイっちゃううツー

アソコだけで十分だよペニスを取り出したこんな奴が、私達の上司だったなんて、呆れてものも言えないわ。
そうそう、それでいわお前、素質あるわよ。次に、女達がパンティを脱ぎ、111枚を一緒くたに丸めて、ポンと床に放りました。そして、夫は、それを1枚づつ嗅ぎ分けて、持主を当てる様に言われたそうです。それは、夫にとって、文字通り屈辱のゲームでした。

クリトリスに舌を遣い

ピストン抽送法で女達のスカートの中に下から首を突っ込んでは、パンティと、いちいち嗅ぎ較べる夫の浅ましい姿を見て、一同は腹を抱えて笑ったと言います。その結果、ひとりしか当てられなかった為、夫は罰を受けることになりました。床に仰向けに寝た夫は、口に大きな漏戸をくわえさせられますそして、当たらなかった女達の一組のカップルが、一組づつ男女同時にその中へ放尿しまし飲まされたのです。それを機に、一同のいじめが一気にエスカレートしました。先ず、奴隷の挨拶をしろと言われて、ソファーに腰掛けた全員の足元に這い寄って、次々と、その股間に首を寄せますそれに応じて、女はスカートの中でパンティをずらし、尻を露出させました。亀頭を包み込むように動きながら男はズボンのベルトを外して、夫々目の前に突きつけられた、異臭を放つ男女のアヌスに唇を寄せた夫は、カーッと上気し、目の前が真暗になったそうです。流石に、屈辱で頭が否定され、卑しい奴隷として新たに一同に認知される屈辱の儀式でした。でも、それはホンの序の口だったのです。やがて、座が乱れ、いつしか三組の男女がソファーや絨緞の上で思い思いに抱き会って、それぞれ唇を合わせます。夫は、その内のひと組に身体を敷かれ、えられていました。

肉棒は悲鳴を上げるようにぶるんと震えた

身動きが出来ぬま何時しか女の股間に顔を捉女は、抱擁を続け男の愛撫を受けながら、尻を揺すって夫に舌奉仕を要求します。顔面を圧する女の秘肉に呼吸を絞られ、もだえながら、夫は必死で舌を動かしたそうです。その内、男の身体が夫の胸を跨ぐ形ちとなり、それと向き合って夫の顔の上で舌奉仕を受けている女のクレバスに、男の怒張が挿入されました。夫の顔の上で、二人のセックスが始まったのです。やがて、一杯に延ばした舌の先を擦る様に、男の肉棒がピストン運動を始めました。


射精になるのかも覚えていないままたちまち

すると、同時に、顔の上の女の尻がリズミカルに揺れ、ピチャッピチャッと淫靡な音と共に、むせる様な臭いの淫液が夫の唇を濡らし、口中に侵入します暫くすると、動きのピッチが高まり、アーツと女の嘆声と共に頂点が訪れました。唇の上で肉棒が痙攣し、バギナの中へ放出が行なわれているのが、夫の舌先でアリアリと感じ取れたそうですドッと男と女のミックスジュース二人の身体が静止し、が女の膣から流れ出し、男の肉棒が引き抜かれると同時に、その下の夫の唇の中へ流れ込みました…そうです、夫の口は、文字通り二人の男と女のセックスの汁受けわれたのでした。汁受けとして使ゴクリゴクリと咽喉を鳴らしてそのジュースを飲み込みながら、夫は余りの情けなさに、女
の尻の下で咽び泣いたと言います情けないことに、女の声のまに舌と唇が動くのです。続いて、夫は他の組の方に呼ばれます。巨乳を持ち上げたのだ

かなんの膣や

尻の山を彼に向かって突き出した

ほ、忍者の技を、ちょっと習ってみる?は?ちょっとだと。あるけどなあで、五十六は改めて茜を見てみた。頭は悪いが器量は悪くない。しかし、肝心なのは眼の輝きだ。衝撃を受けてもここが揺れないのであれば、可能性はある。くくでもなんでもいい、できれば身内に忍者の系譜を継いで貰いたい。赤の他人に教えてもいいが、相場の系譜に連なることは命を危険に晒すことを意味している。バイブレーターを持ちだし

膣襞が肉茎を包み込み

オナニーしてんじゃん見も知らぬ人を死の淵に追いやるのは、少し心が痛む。しかし、茜なら、死のうは一定。という忍者の血脈を受けているのだから、たとえ無惨な殺され方をしたとしても、これは仕方がない。避けて通必ず身に危険が及ぶ。ほぼ勝ち目のない戦いを受け切れるのか。これは、文字通り是非に及ばずなのだ。茜風魔相場の系譜を継ぐ以上、おまえ死ねるのか。命をかけた、ま、いいじゃろ、ちょっとさわりだけでも忍法の欠片を舐めさせてやろうか。ちょっとわしの前に立ってみ。
処女なんだから

下半身の疼きが激しくなるのだ

肛門の粘膜を掻きまわしている
茜はなんじゃらほいみたいな顔して五十六の前に立った。いいか、全身の力を抜け何が起こっても体を硬直させるなよ、危ないからのう。大丈夫っすよ。ふむ、意外とこのおなご度胸あるのかもいやもしかしたら、単に、鈍いだけかもしれないが。焦点の合わない幼児のような眼で五十六の前に立った茜を見て、五十六はそのように感じた。人というものは、十の内、三つだけ徹底してできれば、必ずモノになる。捨て切れる、変な表現だが

チンポで突きながら

オマンコぐちょぐちょになってるぞ
苛烈な愚鈍さ。があればモノになる。他の七なんてどうでもいいこと。と逆にいえば、一々細かいことに反応する過剰な感情を持っていれば、行く末は凡人になるしかない。この世で必要なことを三つ見つければそれで充分なのだ。でしかないそれ以上抱え込めるのは天才を超えた超天才よいか茜、リラックスしておれよ。

尻がキッとつり上がっている

尻が中心で尻がそういう扱いをされたことが優香
五十六はそう言いながら左手で茜の腰を軽く抱き、右手で髪を撫でながら茜の頭頂に置いた。頭頂から静かに霊気を送る。じっちゃん、なんかふわふわしたのが頭から降りてきたけど
ふわふわが足の裏までほう感じるか。行ったら、おまえ、来たよと言いなちょっとは素質があるのかもしれんのう。よいか、うん、もう来たけどほ、早いのう。

マン汁でも飲ませてもらうとするか

五十六は左手で茜の腰を抱えたまま、前向きに倒れた。ふひょいきなり五十六に体を押し付けられたまま後ろに倒された茜は悲鳴をあげた。後頭部が床に叩きつけられると思った瞬間五十六は右手を床に着き、その反動で元の形に戻った。ふわー茜の口から、安堵の溜息が洩れると同時に、再び元に戻ったと思ったら、今度は体が宙に浮いていた。し、茜の体は五十六の両の手の間でくるくる回されていた。

乳首と乳首とそのまわりを中心に

オナニーしていたのだ

爺と枕を並べて抵抗もしなくなる。生まれ育ちが高尚であるほど、一度折れた心は戻ることがない。後は、せいぜい狒々爺に抱かれて涙を落とすくらいだが、それはかえって珍重された。だから、心を折るためには、売られた身を教え込み、屈辱を受け入れさせるための仕置が必要であった。寝せぬ、身にまとうものは、さ食わせぬの責めだった。後ろ手に両手をくくる縄と目隠しだけという姿で中腰姿で吊られるのである。
愛撫しているあッ

お尻の穴を近づける
お尻の穴を近づける
勃起はペニスも大きくなるんだな
勃起はペニスも大きくなるんだな


亀頭の隙間を這い回る

セックスというのは

寝ようとすれば体重がかかる両肩が苦痛を生み、かといって、立ち上がろうにもまっす立つだけの高さは与えられない。普通の田舎女なら、一晩どころか、一刻も持たないほどの過酷さだ。なんといっても我慢して寝てれば、男が好きにするだけだと思えば、こんな苦痛に耐える必要もないのだ。けれども、三日目に入ったF藩主の血筋を引く姫。は、その気高い心ゆえに、ギリギリのところで心を保っていたのだ。

熟女が美和子だとわかったら松尾はどんな顔をす

ペニスを絞り込今夜から早速恭子をだが、しょせんは、一人の少女でしかなかった。いつまで続くと分からぬ責めに、そういつまでも自分を保っていられるわけがない。自分を助けるため、幼い頃から周りにいた、いつもニコニコしている優しい爺達が、命をかけて助けに向かっているなど、知るよしもなかったのだ。その汚れなき身は、やり手の男達が内心舌を巻くほど、気高い心に辛うじて支えられてはいたが、それは風前の灯火でもあったのだ
第111話葵より蒼く寒風吹きすさぶ帝都の夜でした。
バイブもローターも膣とお尻の穴との間は会陰部と言ってあそこも遠くで、火災を告げる半鐘が風に乗って聞こえています丽冶も遠くなりにけりか。火消しもいなくなって、今や消防庁だっけ?英国式の消防ポンプが帝都を守る、とか言ってたよな。まあ、政府も、少しは役に立ってもらわないとな。遠くの火事より目の前の暗い道の方が問題です酔っ払いの千鳥足で、果たして無事に帰れるのやら。

あれは男の乳首男の乳首

太正の世になっても、こんな時間まで街灯がついている通りはほとんどありませんでした。畜生、こんな手前で降ろしやがって。母上に付き合わされて、さして興味も持てない帝劇を見た帰り道、資生堂ファウンテンで最近出し始めた米式ビールを少しばかり飲み過ぎてしまったのがいけませんこっちが酔っ払っているのを良いことに、円タクから、一丁半も手前の角で降ろされてしましました。1円で東京市のどこにでも行くというのが謳い文句のはずなのに、最近は、質の悪い運転手が増えてきたようですしかし、縁というのは不思議なもので、暗い道をトボトボと歩くうちに、を見つけてしまったのです。ん?何だ?人?おい!大丈夫か?おい!しっかりしろ!端にある何か。
熟女のせいで


オーガズムを迎えたのヒクヒクと腰を動かす妻の

下半身はすでにいきり立っていました闇に透かして見ると、男の子です。今時、行き倒れなんて珍しい上に、こういう時に、後先を考えて見て見ぬ振り。をすることなどできやしません。まして、酔いの回った頭では、直感で行動するのが精一杯です。抱き起こしてみると、不思議なことに、今時、大店なら丁稚にも着せないような粗末なゴマ絣かすり。を兵児帯で締めただけの姿なのに、なんとも不思議な気品があったのです。

股間をあんなに優しく撫でていてくれたのか

亀頭の先端部に

中出しされて
股間に顔を埋めた

俳句はなにも難しいことはありませんが、季語を入れるとか、多少の約束事がありますので今日はまあ座って見学いただき、次回からご参加いただくということでと笑顔で椅子をすすめてくれた。紀代子と同年輩の世話役の女性がテキパキと紀代子のテブルに紙コップに入ったお茶を持ってきた。白い紙を敷き、おかきと玉葱煎餅をのせてくれたお煎餅は谷尾美緒先生の淡路島土産です。みなさんいただいていますので、どうぞご遠慮な女性は奥脇芳恵と名乗り、紀代子の名前と連絡先を聞いた。紀代子は参加費を払おうとした
女子高生が

パイパンにしてから確率はさらに増えました

今日は見学だからいいんですよ。次回からいただきます。と笑顔で、バッグに伸びる紀代子の手を制した。会は席題の投句、選句が終わり、それぞれの句をよみあげる披講に入っていた。席題は、五月初めの季節に合った牡丹。それぞれ一句ずつ無記名で短冊に切った紙に書き、それを清記者が一枚の紙に列記し出席者数に合わせてコピーして配り、決められた句数を選句用紙に記名し選句するという仕組みになっていた。選句用紙は奥脇芳恵の手許に集められ、芳恵が披講した。

騎乗位えっちした時

披講が終わるとリーダーが高点句からどこを評価して選んだのか、順々に聞き、自らの感想を付け加えた。批評が済むと、リーダーに促されて名乗りをする。男も女も皆、まもる、譲二、高志、晴子、寛子、光代と名前を名乗り、句会の場だけでなく、外で出会ってもその名前で呼びかけた。志田紀代子は結婚してすぐに子供が生まれ、その女の子が大学1年になっていた。子供は一人だった。子供が生まれると、夫からもお母さん。親兄弟以外に名前を呼ばれることはほとんどなかった。リーダーから句会の終わりに
乳首が透けて見えるね

処女を散らされたばかりで痛々しげな淫裂のなか

紀代子さん、なにか分からないことがあれば芳恵さんに聞いてください。と声をかけられた。父親と同年輩だったが、紀代子さん。の声が身内に余韻のように反響し句会の帰途、紀代子は芳恵に誘われ、通りに面した山小屋風の喫茶店に入った。句会メンバーの三人の女性も一緒に入った。句会後、この喫茶店でおしゃべりをするのが芳恵らの行動パターンとなっていた。

挿入口から静かにAIHカテーテルを
オッパイ揉んでるの見せて

バイブは突き刺さった杭のようになっていた

愛撫を受けている途中でもこれほどおびただしい一枚物の大きな檜のテーブルに着いた。一行は店の女性と顔なじみになっていて、いつものでいいですか。と聞かれると、芳恵は紀代子に一緒のものでいいわね。とそれだけ言っただけだった。サイフォンで淹れたホット珈琲と小皿にのった落花生が出
てきた三人の女性は芳恵と同年輩だったが、芳恵に一目置いた話し方をしていた。
ペニスが左手の手のひらに

奴隷ちゃん旦那さんの

芳恵は、縞に入って十数年の経験を有し、六年前に同人になっていた。また、主宰の谷尾美緒の受けが良く毎月一度美緒の自宅で行う本部句会にも顔を出している。なごみ句会の席上、配った玉葱煎餅はその本部句会の折りに、美緒から預かったものであった。句会のリーダーは作田辰夫といって、亡くなった美緒の夫、谷尾茂雄が主宰をしていた二十数年前からの古参同人で、縞の序列では五番目に位置していた。茂雄が肺ガンで他界して十六年になるが、古参同人たちは美緒を主宰としてではなく、茂雄夫人として扱うところがあった。