「ペニス」タグアーカイブ

ペニスはすぐ浮かぶというのに

クリトリスに水ぶくれができたりします

操作部を握る医師の手がビデオスコープの先端を静かに挿入すると、カラーモニターに映るピンクの粘膜が、見る者をひと呑みするような迫力で近づいてきた。そこだけが別の生き物のように蠢いているのだった。はい、注水をお願いねぇ…。操作部にある接眼レンズを覗いたまま、機器本体を操作している看護師に指示が出された。純潔を保ったままの膣内は、膣粘膜が癒着したように閉じているため、拡張と潤滑を兼ね挿入部の先端から洗浄水を送り込むのである指示を受けた看護師が、システム本体に取り付けられている注水スイッチをパチリと入れた瞬間、モニター画面に薄膜が掛けられたように曇った。はい、ストップねぇうまく道が開けたわァ。セックスの重要ファクターとなると

男のものを激しく抜き差しさせていくと膣の収縮

男根を迎えて目を閉じた瞬間に注水が止まると、すぐに画像が鮮明になった。正面に見える乳白色のヒダは、女の子の純潔の象徴である。操作部に取り付けられたアングルノブを回してカテーテルの先端を動かしながら探ると、処女膜の中央部に不規則な形をした孔が1つだけ開いていることを確認できた。典型的な輪状処女膜である。孔が二つとか三つになっていたり、中には篩い状になった膜も少なからずあるのだが、これなら切開なしに簡単に内視鏡を通すことができる。注水と停止を繰り返しながら時間を掛けてスコープを進めていくと、カラーモニターに深紅色をした半球状の器官が映し出された。
ペニスを押しだすこともできなかった

ペニスを揺すってみせた

クリトリスに宛がいたかったが
穴の閉じたドーナツを思わせる子宮頚部の側に達したのであるスコープの操作部にある鉗子挿入口から静かにAIHカテーテルを挿入していくと、モニター画面に針金のように細いカテーテルの先端部分が映った。内視鏡を通して挿入するために特注した専用カテーテルであるはい、カテーテルが入りますよう。ちっとも痛いことなんかないから、じっとしててねぇ。出産を経験していない子宮口は、スパゲティは通ってもマカロニは通らないと言われる程度の大きさである。

私がこんな酷い目に合うのは淫乱なお姉様は外に

愛撫するのも
AIHカテーテルを操りながら、ねっとりと閉じている入口を狙い澄まし慎重に挿入していったくツー。シリコン製のカテーテルが、深紅色をした子宮口に潜り込む瞬間、検診台に支えられたお尻がギクリと揺れた。子宮頚部の表面は、圧迫感は覚えても痛みはほとんど感じない部位なのであるが、未開の部位を広げられる異物感を覚えた様子である。もう大丈夫ねぇ…うまく子宮に入りましたよう。半透明の細いカテーテルを押し出すと、ツーッと進んでいた。

乳首を弄ると

オマンコに擦りつけて
もう、違和感を感じていない様子である。内性器に医療器具を通されているというのに、検診台の上で大人しくされるがままになっている。それでは、お薬を入れますよう。大好きなお爺ちゃまからいただいた白いお薬が入りますからえAIHカテーテルの後端に小型の注入器を接続した女医が、人工授精の準備ができたことを
告げた。針のない注射器を思わせる注入器の中には、五シーシーほどの精液が入れられている。菅野翁から111度に分けて採取したものを、密度勾配法を用いて動きのいい元気な精子を厳選し濃縮してあるのだった。

クンニリングスもしてもらうと

その上、出産後の引取先に事欠かないよう、X染色体だけを選りすぐり女の子だけが生まれるように精製したものである。よろしくお願いいたします。可愛いこの子を清い身体のまま孕ませることを思うと、かしこまりました。それでは注入いたします…胸が高鳴った。女医がゆっくりと注入器のピストンを押し込んだ。通常の三倍の分量を濃縮した精液がゆっくりと注入されていく。

愛撫のしかたの次には

尻の谷間から尾てい骨にかけての位置に押しつけ

乳首の先から白い液体がピュッと飛びだした
乳首を吸いたてたり舐めつけたりを繰り返した腕

男優たちの逸物はすでに完全勃起し、いつでもOKの状態だ。圭佑のペニスも、今やズボンの中で激しいいきり立ちを見せていた。ジーンズの前部分が突っ張り、ペニスが折れそうな痛みを感じる。圭佑が苦痛から思わず口元を歪めた瞬間、夏希は当然のことのように言い放った。それじゃ、男の人のおチンチン、たっぷりしゃぶっちゃおうか?
勃起しているのが分かった

オーガズムの記憶

少女があっけらかんと笑顔で答えると、三人の男優たちがゆっくりと歩み進んでくる。三人の男優のペニスを次々にフェラしていくんだ!そういったAVを、過去に一度見たことがある。圭佑!亜衣から小声で指示されると、圭佑はハっと我に返りながらマイクのブームを両手で掴み·ソアーにゆっくりと近づいた三十代後半の男優がペニスをしごきながら、少女に近づいていく。圭佑は両手を上げ、画面に映りこまないよう、ソファーの外側から少女の頭の真上にマイクをセッティングした。

クリトリスにも

少女は一瞬目を大きく見開いたあと、勃起したペニスをちらりと見遣り、はにかむような笑みを浮かべる。そして怒張が口元に近づくと、その根元をそっと握りこんだ。赤い舌をちょこんと突き出し、陰嚢から亀頭にかけて裏茎を舌先でツツーッと舐めあげる。そして尿道口をちょんちょんと突いたかと思うと、雁首のえらをチロチロとなぞりあげた。舌での愛撫が加わるたびに、赤黒いペニスは徐々に唾液で濡れてくる。
チンポに奉仕してあげる

股間に視線を注いでくる

ライトの光を反射してらてらと光る様はあまりにも淫猥だ。ダイヤモンド型に開いた金口から、透明な先走り液が溢れ出てくる。肉胴に付着した唾液が滴り、陰嚢のドから床へと落ちていく。男優が小さな喘ぎをあげると、少女はガポッという音とともに、一気に怒張を口一杯に頬張っ桃色に染まった頬がプクッと膨れあがり、少女がうっとりとした表情を浮かべる。その目はすでにとろんとし、言葉どおり、本当にフェラチオが好きなように思えた。

肛門が喘いでいる
ペニスは硬なって疼きだし

お尻でしょ

クリトリスがジねっとりと全身を根元に添えた右指をグッと押し下げながら、ゆったりとしたスライドを繰り返していく。限界状態にまで張り詰めたペニスを嬲るように、少女は顔を小刻みに左右に揺らしながら本格的な抽送に移っていった。
鼻から、ん…ンという甘い溜め息が放たれる。唇の端から大量の唾液が溢れ落ち、ジュブッという淫らな水音を、ガンマイクが一つも洩らさず拾っていく。童貞少年の圭佑にとって、その光景は衝撃的といえるものだった。
バイブもローターも

巨乳がまろび出ると

テレビやパソコンの画面で見るのとでは、なんといっても迫力が違う。ジュブああ、すごい。すごい!まるで自分がフェラされているかのように、圭佑は凄まじい昂奮に衝き動かされていた。下腹部の奥底で欲情という溶岩流がうねり狂い、噴火の瞬間を今か今かと待ちわびている。胸が押しつぶされるかのように妖しくざわめき、モヤモヤ感で頭が変になりそうだった。男優の一人がカメラを持つ夏希の背後を回り、いつの間にか圭佑のいる位置に控えている。

ペニスがバネ仕掛けのおもちゃのように弾け出る

肉棒を包みこみ

やわらかなゴムボールにマッサージされているみたいで、男子高校生の動悸はますます激しくなったその胸板にナースの手のひらがやってきた。学校帰りに寄ったから誠は制服姿だ。開襟シャツ越しに胸からお腹の上にかけてを上下に撫でられる。ナースの手のひらからびりびりした電気みたいな刺激が身体の芯につたわってきた。いや、でも、ぼくはまだ、決めたわけじゃああらあらあら。セックスなんかじゃないんだぜ

射精して康雄は真帆の口に

巨乳を剥き出しにしたままあたしがパートナーじゃあ、ザ·少年、きみは不服なのお?
甘やかな吐息が後頭部をくすぐった。ナースは誠の耳元に口を近づけて、あたしとバイトしよ?とささやきかけてくる。耳たぶにそっと触れてきたかと思うと次の瞬間には、汗を舐め取るみたいにくちびるを首すじに当ててくる。な、何をするんですかっ。密着して話しかけてるだけよん。
射精に至るのは困難ですよね

お尻が喜んでいるの

人妻頭の芯まで熱くさせた芳彦は
言いながら相変わらず、しなやかな指先はシャツ越しに誠の胸を撫で回していた。しつけられている背中にもゾクゾクと震えが走るあらあ?きみきみ!あたしに話しかけられただけで何か感じちやってるぅ?そ、そんな。そんなんじゃありませんっ。乳房が押ついそう答えてしまったが、実はもう股間に血流が集中していた。外は暑かったよねー。なんか、若い男の子の汗の匂いがする-。かわぎわぎ感じちゃう!

オマンコに突き立てた早苗は艶のある声で叫んだ

セックスしている姿をビデオに撮って
あたしの方は、なん鼻をくんくんさせながら人目もはばからずにそんなことを言う薄桃色ナース服のお姉様。ひとさし指の先を首につるんと這わせたかと思うと、それを自分の口元に持っていき、口に含んうーん。きみの汗の味。ちょおっとしょっぱいかなー。や、やめてください。きみのこと、あたし、気に入っちやったかもかもね、あたしとバイトしよう。ねっねつねっ!だ!だいたい何をするバイトなのか、もっとくわしい説明をしちょっと、なっちゃん。

セックスを脳裏に思い描い今だっっ

男根を抜き射精の第一撃が先端から飛び散って有
喫茶室とはいえ、ここは病院なんだからもう少し静かにしてね。最後に大きな声を出したのは誠だったがナースだけに注意したのは、気配り、みたいなものなのだろうか。これがいわゆる大人のもっとも、注意された童顔ナースははーい。と言って、まだにこにこしている。女医は白衣のポケットから紙を取り出した。これが契約書よ。

射精の兆候を感じ取ったのだろう

持ち歩いてたんですね?持ち歩いてるわ。わたしはいつも仕事のことを考えているから。さすがさすが!さすが先生ですねっ。はしゃぐナース。今度はそれには注意もしないで、いっしょに誠の前に差し出した。サインしてくれる3い、いやつ、でもっ。ねえねえ、決めちゃいましょうよ?ね?

クリトリスを舐め回した

ペニスの先っぽで

女医が、問診票に従って、そっ、それはア。答えの知らないこと聞かれたように、結衣が言いよどんだ。笑みを絶やさない医師が、さらに問いかけた。小学生でも知っているはずのことすら答えら月日や曜日の把握は、知能検査の要目である。れず、哀しそうにうつむいた。もちろん、老人が施している幼児退行が、カレンダーのない部屋で暮らしているため、知能にまで及んでいるわけではない。アナルに侵入してきた

下着の色が浮き上がるスカートは机の上に脱ぎ捨

フェラチオをしかけてきたことが高見にとっては監禁以来、正確な日付が判らなくなってしまっているのだっお嬢様には、広範発達障害の傾向が見られますわねえ。オシメが取れないのも、その為かカルテにペンを走らせながら、問診の結果を伝えた。はい、せめて日中だけでも、オシメが取れるようになれればぁ…
めくれたスカートから見えるオシメカバーを撫でながら、わざと暗い表情を取り繕ってみせた。
ペニスを握って振りながら

お尻の穴も尻の穴が舐めて欲しいと言って

尻肉を掴み揉み回した
病弱で、中学生になっても排泄の自由すら利かない孫が、不愍でならない…そんな保護者の立場を心底楽しんでいるのだった。かしこまりました。診断書には、オシメ証明書を添付いたしますね。机の上にあるカルテに、先生、サラサラと紅い文字を書き加えたありがとうございます。これで、うちの結衣もやっと…膝の上の孫をあやしながら、さもうれしそうに笑みを浮かべたオシメ証明書。は、この患者は、排泄の自由が利かず恒常的なオシメの着用を要することを証明する。

股間に顔を近づける

乳首がキュンと上を向いている
という内容の、簡単な文書である。だが、会員にとっては愛児の幼児退行教育が順調にすすんでいるとの認証になり、ステータスでもあるのだった。もちろん、実際の病状とは何の関連もない。オシメ証明書。もまた、会員の快楽を高めるために作り出された制度の一つなのである。だが、患者の側にとっては、まったく意味合いが異なっているのだった。

股間で屹立している肉茎に通して紐の長さを調節

愛撫だけで絶頂に達してしまう例があ男の人が女
一旦、証明書が発効された患者は、愛育院にいるあいだオシメの着用が義務化されるのである。そして、オシメを嫌がり勝手に外してしまったりすると、馴致のためのお仕置き治療が待ち受けているのだった。このウサギさんは、お歌をうたえるのよ、結衣ちゃん。問診の合間に、看護師が、セーラー服の膝にあるヌイグルミを手にとって振ると、ルの音が童謡を奏でた。うさぎ、うさぎの懐かしい調べである

挿入したままの状態からエリカの片足をかつぎあ

おう、おう、とっても可愛いウサギさんだねぇ。オルゴ看護師から受け取ったヌイグルミを、今度は老人が振ってみせたこんなことで思春期少女の機嫌を取り結べるはずのないことなど、診察室の誰もが承知している。だが、小児科受診の雰囲気を楽しむ保護者にとっては、診察を嫌がって泣き叫ぶ幼児がどんなにあやしても泣きやまないと、まったく一緒である。愛育院の会員にとっては、こうした行為の一つひとつが、たまらなく楽しいのだった。ここは1ここは、いったい、どこなのウ。どうして、助けてくれないのウ。

愛撫しているあッ

尻を揺する

愛する人が、己が身体を使って気持ちよくなってくれるのを幸せに感じる。もし、そうだとするなら、射精に気が付いても、動揺などしないはずでした。しかし、元々男女のことに疎い私では、少女に愛情があるかどうかと言うよりも、それが芽生えているのかどうかも自信がありません八重さんなら、分かるかなあ。女のことは、やはり女同士。先の大いくさのせいで未亡人となっての女盛り今年で三十路を迎えるはずの八重さんなら、あるいは、それがわかるかもしれませんでもなあ、今さら聞くのもなあ。八重さんとの今までを考えると、言うに言えない部分が私の中にも確かにあって、やはりうやむやにするしかなかったのです。

エッチなせいじゃないんだもん
エッチなせいじゃないんだもん
チンチン手でシコられてる
チンチン手でシコられてる


エッチなことしなきゃならないわけよね

拘束感とは違う尻を振り続けている第五話やわらかなお腹不思議だったのは、あれほど痛い目に遭ったというのに、三日もたつと、わざとかと思えるほど勉学の手を、特に数学の手を抜いたことでした。私は、最初の時こそ、次は打つよと脅かすにとどめましたが、その翌日に、またサボった少女を、再び打ち据えることにしたのです。外見は、いかにも仕方ない。と言った風情に見えるように努めてはいましたが、その実少女の尻を堂々と見られるのだと思うとうれしさに小躍りしたくなっています羽織っていた丹前をさりげなく脱ぎながら、きちんと正座して見上げる少女に申し渡しますあれほど言ったじゃないか。お前という子は。しかたないね。この間のように尻を叩くからね。その瞬間、少女の目は羞恥の色に染まっていましたが、不思議と恐怖の震えは見られません。

ペニスの模型を小刻みに振ってみせる

クリトリスを剥きあげもちろん、こっちだって二度目ともなれば、あれほどひどくせずとも、加減は分かります。そして、少女の方も、自分が女だと示す証拠を見せずにすむことを確信したのでしょう。羞恥の色を目一杯浮かべながらも、戸惑いの色を浮かべなかったのは、まさにあうんの呼吸というヤツかもしれません。ただ違うのは、こちらには十分に余裕があったのと、少女には恐らく予感。烈火の打擲の幕間に、尻に生まれる快感を少女は覚えているでしょうか。オナニーでクリトリスをこね回す度にいえ、ひょっとしたら、幕間は、打擲だったのかもしれませんがあったこと。ちょっと、あっちで待っておいで続きの間ではなく、午後の光がたっぷりと注がれる居間に行って、静かに座ったのです。ことさらに裾を割って見せ、むき出しになった脚と下履きを見せつけるように、ドンと座ると、少女の目は確かに、私の中心をチラリと見て、そして目を伏せたのです。窓からの光がしっかりと足下から当たる向きで、少女は、私を見ないようにして、しずしずと横たえますうん、さあ、折檻だ。申し訳ありません。葵太は悪いことをしました。

セックスできる時間をとってください

どうぞ、心ゆくまで、折檻なさってくださいませ。折檻を受けるに当たっての、詫び口上は、ごくごく当たり前のものだったかもしれません。
ははスラスラと出てきたところを見れば、前もって考えてきたか、あるいは、そういう躾を受けたのかとも思います。しかし、目の前に、少女のプリンとしたお尻を見つめながら心ゆくまで。と言われてしまうと、なぜか、私の欲望が見抜かれてしまっているような気がしてしまいます。


尻たぶを掴んだ両手に力を込めて

全く都合のいい話ではあるのですが、少女はそれも見抜いていて、なお、それを許しているように思えてなりませんでした。相変わらず両脚をキッチリと揃え、女の部分を決して見せまいとしています。そのくせ、どこかしら、その姿に女の媚び。があると言うのは言い過ぎでしょうか。ともかくも、これ以上ないほど純真で、汚れを知らない、で良いのだと差し出されていたのです。行擲の前に、しっかり話をお聞きはい、旦那様。こんな格好で、あいすみません。処女を失ったことなど

愛撫は繊細で可憐に俺をいい声で鳴かせてくれる

ペニスをぶらぶら揺らしながら

彼女が体内に秘める女の器官は、にも似た震えを発していた。やられつばなしは、ちょっとイヤだな…。英次を奥に導こうと痙攣英次はサトリの腰から手を離し、自分の乳首をしゃぶる二人の乳房を揉み始めた予想外の反撃に櫻子が女の声を上げる。情で喘ぎ始めた。ボリュームたっぷりの胸を揉まれた静穂も、牝の表英次は自分の胸の快楽をそのまま返すように、執拗に二人の膨らみを揉んだ。11人が英次に身体を寄せるほど悦楽に酔ったのを確認すると、手を下げていき、二人の股間へと伸ばした。んっ、あひっ…。

尻朶にパチンと押し当てた
尻朶にパチンと押し当てた
肉棒の先端を可奈子の唇に押し当てて
肉棒の先端を可奈子の唇に押し当てて


尻を当ててセックス以来

チンポがんふッあんツー犯してるのが見えちゃうチンポに奉仕してあげる櫻子は一瞬抵抗を見せたが、あくまで一瞬だった。静穂は最初の抵抗さえ見せなかった。指が正しい位置へ沈んでいく様子が、あえぎと二人の肢体の撓り具合で分かる。蜜でベっとりと濡れた指で暖かい肉の筒をかき混ぜ、生み出した雷光を二人の中へと注ぎ込んだ櫻子、先生。キッチンに手を突いて、こっちに尻を向けろ。何をするのですか?

子宮が疼き膣が欲しがっていた

肉棒の熱さを感じながら最初の計画ではみんな一緒だったのだろう?だから、一緒にするんだよ。濡れそぼった櫻子と静穂の淫部から指を抜き、引き抜いたはぁっ、はぁっ、はぁっ…。続いてサトリの胎内から憤ったままの端子を生殺し状態から解放されたサトリが、不満げな息を吐く。側に静穂が立ち、同じように英次にお尻を向けた。本当に、絶景としか言いようがないな。亀頭が天井を向いているそんなサトリの左側に櫻子が、右胸のサイズと形、肢体全体の成熟度、色とボディライン。三人の違いが英次の心を捉えるもちろん、一番英次の目を引いたのは、誇るように三人が突き出した、麗しき華園だった。まだ育っている最中の、素朴で飾り気のなぃ櫻子の華。大人の女性の包容力を誇る静穂の華そして真っすぐな彼女に相応しいサトリの華。どれも英次の心を掴んで放さない。全部、俺のモノだ!

下半身丸出しの光太郎の腕にすっぽりと収まって

英次の本能が昂ぶり、次々に彼女達を貫いていく。サトリの肢体を揺れるほど激しく貫いた後、続いて櫻子を犯す。そして最後に静穗彼女達の肉道を渡り歩き、求められるまま何度も奥深く刺し貫いていく。肉茎から伝わる三様の感触に酔いしれ、ただ111人を求めて激しく腰を振る。茎にからまり運ばれ、それぞれの中で混ざり合っていく。げ、限界です。も、もう、くださいませ…っ!


チンチン気持ちいいっ

三人の愛液は肉貫かれた櫻子に応えるように、英次は激しく牝器官をかき混ぜたあうソッ!ああつあつ!溜まっていたパルスが胎内で弾け、櫻子の意識を灼いた。英次は高ぶりを解放し、最後の仕上げに取りかかる。…みんな、一緒だからな!肉茎が脈動を始め、灼けるような痒みに英次の頬が緩む。英次は尻が変形するほど激しく腰を打ち当てながら、櫻子の奥深くで精を放つ。ペニスを受け入れることが君恵は生島と不倫関係

バイブもローターも

乳首に吸い付く

調教なんてできるかしらね
オッパイも愛撫し

横で聞き耳を立てていた正也が雨宮美那と聞いて、浩平の顔を確かめた。ホント?と口パクで話すと、浩平が小さく頷いた。仕方ないさ、会社を飛び越えて本人とエッチなパコパコ人妻。は、もう話をつけているんだからな。それにうちだって儲かるし、美那だって相当な金額が入ることになる。
挿入してしまったら

挿入できるほど硬くなることを前提にしての見方

それにいまじゃ、海外サイトは一般的になってきた。モロ見えになったって誰も驚きはしない。それと納期は任せるそうだ。細かいことは本島と美那と決めてくれ。あと、電話で俺と話したことで、この話は黄色い夢。に受けてもらったと考えていいかええ、勿論。

美保が下半身よ

それじゃ、撮影料は振り込むように伝えておく。いつもの3倍だと言っていた。ずいぶんと良い値だな。はい、そうですね。オモテの女優さんは演出が大変なのでフム、そうか。わからんでもないな。クスリと含み笑いをして葛西がそう返答した。の挨拶をして電話を切った。それで話は済んだ。
女子高生が

処女の谷間を下からニュルリと撫で上げます

互いに最後それを待っていたかのように正也がウソでしょ。雨宮美那がウラ物に出るって?いや、ホントのことだ。昨年まで連続三回、AV大賞の熟女女優賞を貰っているんですよ。ああ、それは俺も知っている。なにもウラに出なくても、十分稼いでいるのに、噂ではTVドラマのオファも来ているそうだし。本人がエッチなパコパコ人妻。と話を付けたらしい。葛西部長はそう言っていた。それに葛西部長の事務所もかなり儲かるそうだから良いんだろう。

ペニスの躍動感に秘芯がジンジンとひりつき
ペニスが下腹部をこすった

ペニスがサリナに言われるとおりにペニスを

下着も無いしTV出演だってウラ物に出ていた女優が出演しているのは何本もある。ウラでモロ見せしてもTV局は気にしていないのさ。いや、その方が話題性があって良いのかもしれないな。そういうもんかなぁ。そんなもんさそして浩平が受話器を取って耳に当て、プッシュキーを押浩平が言い切った。しながら。一本電話をかける。キーを押し終わり、本島さん考え。少しの間待っていると繋がった。
尻を振り続けている

尻を打つあしかし

·もうそこには葛西部長いませんよね。
聞いていますよね。雨宮美那の件。はい、拓海さんとうちの部長との話を聞いて。それで撮影なんですけど、半月ほど待ってもらえますか。忙しいんですか?ええ、2本立て続けに入っちゃいまして。

かなんの膣や

尻の山を彼に向かって突き出した

ほ、忍者の技を、ちょっと習ってみる?は?ちょっとだと。あるけどなあで、五十六は改めて茜を見てみた。頭は悪いが器量は悪くない。しかし、肝心なのは眼の輝きだ。衝撃を受けてもここが揺れないのであれば、可能性はある。くくでもなんでもいい、できれば身内に忍者の系譜を継いで貰いたい。赤の他人に教えてもいいが、相場の系譜に連なることは命を危険に晒すことを意味している。バイブレーターを持ちだし

膣襞が肉茎を包み込み

オナニーしてんじゃん見も知らぬ人を死の淵に追いやるのは、少し心が痛む。しかし、茜なら、死のうは一定。という忍者の血脈を受けているのだから、たとえ無惨な殺され方をしたとしても、これは仕方がない。避けて通必ず身に危険が及ぶ。ほぼ勝ち目のない戦いを受け切れるのか。これは、文字通り是非に及ばずなのだ。茜風魔相場の系譜を継ぐ以上、おまえ死ねるのか。命をかけた、ま、いいじゃろ、ちょっとさわりだけでも忍法の欠片を舐めさせてやろうか。ちょっとわしの前に立ってみ。
処女なんだから

下半身の疼きが激しくなるのだ

肛門の粘膜を掻きまわしている
茜はなんじゃらほいみたいな顔して五十六の前に立った。いいか、全身の力を抜け何が起こっても体を硬直させるなよ、危ないからのう。大丈夫っすよ。ふむ、意外とこのおなご度胸あるのかもいやもしかしたら、単に、鈍いだけかもしれないが。焦点の合わない幼児のような眼で五十六の前に立った茜を見て、五十六はそのように感じた。人というものは、十の内、三つだけ徹底してできれば、必ずモノになる。捨て切れる、変な表現だが

チンポで突きながら

オマンコぐちょぐちょになってるぞ
苛烈な愚鈍さ。があればモノになる。他の七なんてどうでもいいこと。と逆にいえば、一々細かいことに反応する過剰な感情を持っていれば、行く末は凡人になるしかない。この世で必要なことを三つ見つければそれで充分なのだ。でしかないそれ以上抱え込めるのは天才を超えた超天才よいか茜、リラックスしておれよ。

尻がキッとつり上がっている

尻が中心で尻がそういう扱いをされたことが優香
五十六はそう言いながら左手で茜の腰を軽く抱き、右手で髪を撫でながら茜の頭頂に置いた。頭頂から静かに霊気を送る。じっちゃん、なんかふわふわしたのが頭から降りてきたけど
ふわふわが足の裏までほう感じるか。行ったら、おまえ、来たよと言いなちょっとは素質があるのかもしれんのう。よいか、うん、もう来たけどほ、早いのう。

マン汁でも飲ませてもらうとするか

五十六は左手で茜の腰を抱えたまま、前向きに倒れた。ふひょいきなり五十六に体を押し付けられたまま後ろに倒された茜は悲鳴をあげた。後頭部が床に叩きつけられると思った瞬間五十六は右手を床に着き、その反動で元の形に戻った。ふわー茜の口から、安堵の溜息が洩れると同時に、再び元に戻ったと思ったら、今度は体が宙に浮いていた。し、茜の体は五十六の両の手の間でくるくる回されていた。