「オッパイ触りながらんッ」タグアーカイブ

勃起した一物なのだ

ペニスに貞操帯は嵌められていない

ザーメンかかってるッ
射精しそうなほど興奮した

かなんの吐く息を私が吸い、私の吐く息をかなんに吸ってももらいたい。だがそれは、いくら何でも無理な望みというものだ。断腸の思いを堪えしのぶ覚悟で私は、かなんの顔から私の顔を引き離した。かなんの唇のまわりは夜の闇の中でも、それとわかるほどに艶めかしく濡れている。それは私の唾液によってだろうか、それとも彼女自身の唾液なのだろうか。
ようやく射精した

奴隷に堕ちてしまった

それは、もはや誰にもわからない。いや、そんな区別を考えること自体に今では
意味がないというべきなのかもしれない。今や私の体はかなんのもので、かなんの体は私のものになろうとしているわけだから。私は両腕をベッドの上に突っぱって、かなんの顔を上から覗きこんだ。

お尻には肛門を示すマーク

うっすらと閉じられたかなんの目尻に、何やら光るものがある。かなんは涙を浮かべているのだ。それは私に抱かれることを怖れ、ためらう気持ちが浮かべさせた涙なのだろうか。それとも、ようやく私に抱かれようとしていることを喜ぶ気持ちによる涙なのだろうか。かなんの顔に再び自らの顔を近づけた私は、その涙を自分の舌で舐めとった。とがらせた舌の先へと、しょっぱいような味が染みこむように伝わってくる。
クリトリスを舐め回した

オッパイ触りながらんッ

それは今のかなんが感じているだろう、複雑な気持ちがかもしだすしょっぱさだったのだろうか。甘くもなく辛いとも言いきれない、そんな切ない気持ちを今のかなんは抱いているというのだろうか。ふと気がつくと、かなんの体は小刻みに震えているようだ。部屋の中の気温を考えると、決して寒さが原因で震えているのだとは思えない。抱かれることへの不安と怖れとが、かなんの体を震えさせているのだろうか。

乳首の尖りがぷっくりと隆起しているのが見えた
アナルの周辺をマッサージするように揉みほぐし

アソコが濡れてきたのを感じた

股間を疼かせていたそれとも私に抱かれることへの期待と喜びが、思わぬ震えとなって表われているのだろうか。そんなかなんのことがいとおしく感じられてならず、私は彼女の閉じられたまぶたへ口づけた。の唇へと伝わってくる。この下に、かなんの瞳があるのだ。うすいまぶたの皮膚を間にはさんで、のだ。かなんの心を表わす窓だと言うこともできるだろう、彼女の瞳と私の唇とが。うすいまぶたの下からも、カなんの震えが私かなんの瞳と私の唇とが結びつけられているそれから後のことは、もはや記憶の順序が定かでない。
セックスしてきたのだろう

アナルセックスなのに

かなんの顔の至るところへ私は、自らの唇を押しつけた。まるでそうすることによって、かなんの顔に封印を施すことができるとでもいうかのように。かなんの顔に自らのしるしを残すことで、それを自分のものにしてしまうことができると考えてでもいるかのように。かなんの耳たぶ·唇や指の先で押すと引っ込み、しかし柔らかい弾力で元に戻ろうとする頬の肉。なめらかでつややかな髪の、その生えぎわ。