セックスとは何かということだった

チンポびくびく動いてるよぉ

そして、なによりも、二人の間にある特別な時間がお仕置きでした。布地一枚越しの射精を腹で受け止めた少女は、相変わらず、そのことについて触れることはありません。けれども、あの時、しみ出した精液を、そっと拭った仕草を覚えています。それが嫌なモノではなかったというよりも、少女は、私の快楽に悦びを覚えているのだとしか思えませんでした。だから、三日に1回は、とんでもない手抜きをして、折檻の口実を作り出しています。そう作り出している。としか思えなかったのです。

射精していながら
射精していながら
バイブレーターをドラの
バイブレーターをドラの


セックスが延々と走馬灯のように頭を駆け巡りイ

人妻らしい人妻の装いとお椀型のオマンコに男はあえなく撃沈普段ではとてもあり得ないほどの、とんでもない間違いや、怠けを見せて、私に仕置き。を命じられていました。そのたびに、たとえようがないほどの羞恥の表情を浮かべながら、あのクリンと丸く白い尻をむき出しにしなければならないのに、です。少女は、私がその尻を好むのを分かっていて、差し出しているのではないかとすら思えます。なにしろ、あれ以来、何も言う前に、自ら帯を取るのです。ピッチリと細い脚をくっつけて、後ろを向いたまま裾をからげます。

エッチなこと

素人ものよ丸い尻を露わにしたと思うと、そのまま、ササッと帯を取って、前を必死に合わせて、膝に乗ってくるのです。もちろん、尻までからげた後は絶対に前を見せません。後ろを向いたまま、実に器用に身体を交代させて、懸命に前が見えないように動きます。しかも、そのくせ、そっと乗った膝の上では、何も言わなくても、ちゃんと帯を抜いた絣の前をモゾモゾとはだけるのです。その時には、毎回、怒張をかすめるように手が動いて、私が硬くなっていることを確かめているのではないかと思う一瞬があるのです。無造作に女陰にペニスを私の猛り狂った怒張の先端に合わせて、柔らかなお腹をくっつけてくるのも、ピタリと決まっていました。あの時から三度の打擲をしています。もちろん、最初の時のように腫れ上がるほどひどく叩くことはしませんが、その分、たっぷリと白い尻の感触を、ひんやりとした少女の腰回りをたっぷりと楽しんでしまいますし、そして最後には当然のように少女の腹に押し当てて射精していした。嫌がるそぶりなど全く見えません。ただ、はだけるときに、慎重に脇から身体が見えないようにはしていました。

膣壁を擦りクリトリスを親指で潰した

おそらくは、胸の膨らみが覗いてしまうのを恐れているからでしょう。少女が少女であることを隠すには、その魅力的な膨らみを絶対に見せてはならぬことを知っ
ているのですそして、いつしか、お仕置きの時、私も和服に着替えるのがおきまりになってしまいました。はだけた膝も露わに、どっかりとあぐらをかいて、その上に、しずしずと帯を抜き、尻を丸出しにしたままの少女が横たわるのが、毎度の儀式のようになっています私に一切の前。を見せないようにしているクセに、自分から位置を調整して、はだけてむき出しになった白く柔らかいお腹を怒張に密着させてきましたし、時には、むき出しになった胸の膨らみが、膝にブニュリとるあたるのです。


お尻の方ばかりでなく

それに、終わった後、最初の頃ほど、身体を隠さなくなったのもそうなのですが、合間に見せる仕草が、前ほど頑なに身体を隠すものではなくなっていました。なによりも、普段、何気なくこちらを見る目つきには、もはや男の子を装う光はなく、ともすると愁いを含んで潤む瞳が、だんだんと増えていったのです。こうなってくると、その気持ちをさらに確かめてみたくなるのも当然です。しかしでいるからこそ、今の関係も続けられるかもしれないのです。つまり、少女が、自らを女。だと明かせぬ理由は、もし聞いてしまえば、二人の関係が壊れてしまう危険性もあるのだと、思わせるほど深刻なのでしょう。熟女だけでも毎月100人程度生まれていて