股間をあんなに優しく撫でていてくれたのか

亀頭の先端部に

中出しされて
股間に顔を埋めた

俳句はなにも難しいことはありませんが、季語を入れるとか、多少の約束事がありますので今日はまあ座って見学いただき、次回からご参加いただくということでと笑顔で椅子をすすめてくれた。紀代子と同年輩の世話役の女性がテキパキと紀代子のテブルに紙コップに入ったお茶を持ってきた。白い紙を敷き、おかきと玉葱煎餅をのせてくれたお煎餅は谷尾美緒先生の淡路島土産です。みなさんいただいていますので、どうぞご遠慮な女性は奥脇芳恵と名乗り、紀代子の名前と連絡先を聞いた。紀代子は参加費を払おうとした
女子高生が

パイパンにしてから確率はさらに増えました

今日は見学だからいいんですよ。次回からいただきます。と笑顔で、バッグに伸びる紀代子の手を制した。会は席題の投句、選句が終わり、それぞれの句をよみあげる披講に入っていた。席題は、五月初めの季節に合った牡丹。それぞれ一句ずつ無記名で短冊に切った紙に書き、それを清記者が一枚の紙に列記し出席者数に合わせてコピーして配り、決められた句数を選句用紙に記名し選句するという仕組みになっていた。選句用紙は奥脇芳恵の手許に集められ、芳恵が披講した。

騎乗位えっちした時

披講が終わるとリーダーが高点句からどこを評価して選んだのか、順々に聞き、自らの感想を付け加えた。批評が済むと、リーダーに促されて名乗りをする。男も女も皆、まもる、譲二、高志、晴子、寛子、光代と名前を名乗り、句会の場だけでなく、外で出会ってもその名前で呼びかけた。志田紀代子は結婚してすぐに子供が生まれ、その女の子が大学1年になっていた。子供は一人だった。子供が生まれると、夫からもお母さん。親兄弟以外に名前を呼ばれることはほとんどなかった。リーダーから句会の終わりに
乳首が透けて見えるね

処女を散らされたばかりで痛々しげな淫裂のなか

紀代子さん、なにか分からないことがあれば芳恵さんに聞いてください。と声をかけられた。父親と同年輩だったが、紀代子さん。の声が身内に余韻のように反響し句会の帰途、紀代子は芳恵に誘われ、通りに面した山小屋風の喫茶店に入った。句会メンバーの三人の女性も一緒に入った。句会後、この喫茶店でおしゃべりをするのが芳恵らの行動パターンとなっていた。

挿入口から静かにAIHカテーテルを
オッパイ揉んでるの見せて

バイブは突き刺さった杭のようになっていた

愛撫を受けている途中でもこれほどおびただしい一枚物の大きな檜のテーブルに着いた。一行は店の女性と顔なじみになっていて、いつものでいいですか。と聞かれると、芳恵は紀代子に一緒のものでいいわね。とそれだけ言っただけだった。サイフォンで淹れたホット珈琲と小皿にのった落花生が出
てきた三人の女性は芳恵と同年輩だったが、芳恵に一目置いた話し方をしていた。
ペニスが左手の手のひらに

奴隷ちゃん旦那さんの

芳恵は、縞に入って十数年の経験を有し、六年前に同人になっていた。また、主宰の谷尾美緒の受けが良く毎月一度美緒の自宅で行う本部句会にも顔を出している。なごみ句会の席上、配った玉葱煎餅はその本部句会の折りに、美緒から預かったものであった。句会のリーダーは作田辰夫といって、亡くなった美緒の夫、谷尾茂雄が主宰をしていた二十数年前からの古参同人で、縞の序列では五番目に位置していた。茂雄が肺ガンで他界して十六年になるが、古参同人たちは美緒を主宰としてではなく、茂雄夫人として扱うところがあった。