「フィニッシュ」カテゴリーアーカイブ

セックスとは何かということだった

チンポびくびく動いてるよぉ

そして、なによりも、二人の間にある特別な時間がお仕置きでした。布地一枚越しの射精を腹で受け止めた少女は、相変わらず、そのことについて触れることはありません。けれども、あの時、しみ出した精液を、そっと拭った仕草を覚えています。それが嫌なモノではなかったというよりも、少女は、私の快楽に悦びを覚えているのだとしか思えませんでした。だから、三日に1回は、とんでもない手抜きをして、折檻の口実を作り出しています。そう作り出している。としか思えなかったのです。

射精していながら
射精していながら
バイブレーターをドラの
バイブレーターをドラの


セックスが延々と走馬灯のように頭を駆け巡りイ

人妻らしい人妻の装いとお椀型のオマンコに男はあえなく撃沈普段ではとてもあり得ないほどの、とんでもない間違いや、怠けを見せて、私に仕置き。を命じられていました。そのたびに、たとえようがないほどの羞恥の表情を浮かべながら、あのクリンと丸く白い尻をむき出しにしなければならないのに、です。少女は、私がその尻を好むのを分かっていて、差し出しているのではないかとすら思えます。なにしろ、あれ以来、何も言う前に、自ら帯を取るのです。ピッチリと細い脚をくっつけて、後ろを向いたまま裾をからげます。

エッチなこと

素人ものよ丸い尻を露わにしたと思うと、そのまま、ササッと帯を取って、前を必死に合わせて、膝に乗ってくるのです。もちろん、尻までからげた後は絶対に前を見せません。後ろを向いたまま、実に器用に身体を交代させて、懸命に前が見えないように動きます。しかも、そのくせ、そっと乗った膝の上では、何も言わなくても、ちゃんと帯を抜いた絣の前をモゾモゾとはだけるのです。その時には、毎回、怒張をかすめるように手が動いて、私が硬くなっていることを確かめているのではないかと思う一瞬があるのです。無造作に女陰にペニスを私の猛り狂った怒張の先端に合わせて、柔らかなお腹をくっつけてくるのも、ピタリと決まっていました。あの時から三度の打擲をしています。もちろん、最初の時のように腫れ上がるほどひどく叩くことはしませんが、その分、たっぷリと白い尻の感触を、ひんやりとした少女の腰回りをたっぷりと楽しんでしまいますし、そして最後には当然のように少女の腹に押し当てて射精していした。嫌がるそぶりなど全く見えません。ただ、はだけるときに、慎重に脇から身体が見えないようにはしていました。

膣壁を擦りクリトリスを親指で潰した

おそらくは、胸の膨らみが覗いてしまうのを恐れているからでしょう。少女が少女であることを隠すには、その魅力的な膨らみを絶対に見せてはならぬことを知っ
ているのですそして、いつしか、お仕置きの時、私も和服に着替えるのがおきまりになってしまいました。はだけた膝も露わに、どっかりとあぐらをかいて、その上に、しずしずと帯を抜き、尻を丸出しにしたままの少女が横たわるのが、毎度の儀式のようになっています私に一切の前。を見せないようにしているクセに、自分から位置を調整して、はだけてむき出しになった白く柔らかいお腹を怒張に密着させてきましたし、時には、むき出しになった胸の膨らみが、膝にブニュリとるあたるのです。


お尻の方ばかりでなく

それに、終わった後、最初の頃ほど、身体を隠さなくなったのもそうなのですが、合間に見せる仕草が、前ほど頑なに身体を隠すものではなくなっていました。なによりも、普段、何気なくこちらを見る目つきには、もはや男の子を装う光はなく、ともすると愁いを含んで潤む瞳が、だんだんと増えていったのです。こうなってくると、その気持ちをさらに確かめてみたくなるのも当然です。しかしでいるからこそ、今の関係も続けられるかもしれないのです。つまり、少女が、自らを女。だと明かせぬ理由は、もし聞いてしまえば、二人の関係が壊れてしまう危険性もあるのだと、思わせるほど深刻なのでしょう。熟女だけでも毎月100人程度生まれていて

お尻の穴でイクのを

膣を私の口で

しかも突かれるほどに、よく濡れるのだった。せ、先生…私、もう…もう…ああんっツバキが熱っぽく訴えた。アクメが近いのに違いない。よし…じゃあ、ツバキ。できるだけ、締め付けないようにしてくれ。は締まりがよすぎるから、動けなくなる。わ、分かりました、先生…んあっ、くふんんっっ!ああっ、ああぁっっきみのあっ、あっ、あっ俺は、子宮口をブチ抜かんばかりの勢いで、ここぞとばかりに腰を打ち付けた。

肉棒がさらに力を得たようにむくむくと盛りあが
肉棒がさらに力を得たようにむくむくと盛りあが
お尻の穴にも
お尻の穴にも


エッチな女の子だって軽蔑した

それがト処女のフェラされている間もツバキの頑丈な身体は、それくらいではビクともしない。むしろ、こちらの動きに応えて、より一層淫らに反応してくれるあん、あん、あん、ああんんっっい、イクぅっもうイキますうつ、先生つつこっちもだ、ツバキ。いっしょにイクをはいコーチい、いえ、先生つつ、あくぅぅっっ!。!!

アナルに指をブチ込んでいました一度

愛撫セックスの快感など二人は正常位でつながったまま、オーガズムに向かってまっすぐにラストスパートに入った。で、出るツ、ツバキ!ああん、きてえっ、先生ツーいっぱい射してぇぇっっ!おおっつつーしぁぁっっ!それが限界だった。どぴゅんっっ!どぴゅうっ、どぴぴぴゅっ。ああ11つつガクンガクンとツバキの肉体が痙攣した。同時に、今までにない最高の締め付けが、射精中のペニスの根本を襲った。女子高生よりアクメに到達したのだ。
がツ、ぐうッッ。!その類まれなる感覚が、さらなる快感を産む。ずびゅううっ!びゅうっ!びゅくううつっつー!あ、あうんっはああつつ…ああっ3ツバキはそのまま力尽きてしまったようだった。ツバキさん、よかったわねぇ。エリカが涙をぬぐいながら、そう言った。なんだかあたし、感動しちゃつた

処女の女性が

いや、ホント、ええもん見させてもらいましたわ。って感じ?エリカもウンウンとうなずいている。ありがとう、みんなあの、でも。ツバキは何か言いにくそうに語り始める?どうかしたの、ツバキちゃん?その…どちらかと言うと、私はやっぱり、後ろでする方が、れない。えぇーっ?あれだけ感じといて、それはないでしょー!好き…かも知エリカが呆れたように言う。


オマンコ見せてよ

す、すまない…もちろん、比較の上での話だ…これはこれで、貴重な体験だった。ツバキちゃんたら、どんだけお尻遊びが好きなのよー。んっとに、淫乱なお尻だねっ!エリカはケラケラ笑った。それを言わないでくれ…ツバキは恥ずかしそうにうつむいていた。じゃあ、お兄ちゃん?エリカはニコニコとこっちを振り向いた。ん?なんだ?次はボクの番だね!さ、準備して!肉棒は口腔内で力強く反りかえってくる

女子高生が

股間を持ちあげて剥きだしにした恥ずかしい姿に

うん、一応はついているみたいだね。なっつ!こ、これが女の子の手の感触…。あなたも期待はしているようね。私に魅力が無いというわけじゃないようだし。や、やめなさい!どこを触っているんだお前!どこってチンポ?女の子がそんなはしたない言葉を遣ってはいかん!オチンポ。おをつければいいって問題じゃない!
ペニスを当てがうと一気に押し入った

クンニリングスをされたこともことも
クンニリングスをされたこともことも
亀頭が女体を掻き分ける
亀頭が女体を掻き分ける


大陰唇の間から

射精の感覚を

あなた、女の子にイメージ持ちすぎじゃない?だからと言って、そういうことしていいわけでは…。ああもう、七生さんだけかと思ったらこいつもか!一体どうなってるんだこの島の女の子はあ、そっか…童貞だから自信がないのね。女の子に対してどう振舞っていいのかわからないんだ。

痴漢に遭い何度襲われかけたことか見えそうで見

女子高生啊で万引きなんかしたのスベベベ別に、童貞とかそういう意味じゃなくて…。図星?ぐっ!確かにその通りだけど…女の子の裸は正直想像できないし、かとか…ふふ。な、なんだよ…。どうやって挿入すればいいのずいっと巡が近づいてくる。私が先生に、気持ち良さを教えてあげる。こ、このタイミングで先生って…まずは手コキとかどうかしら?ほら見て、私の手ってすべすべしてるでしょ?
クリトリスをこねまわし刺激した肉棒は初めて目の当たりにするリアルな女性器に今からこの柔らかい手で、勃起しまくってカウパーでとろけちゃつてるオチンポを一方的に擦られて、射精するまで気持ちよくなっちやうのぐっ!巡の言葉が脳裏に響いてくる…ああ、ダメだ、そんなことを言われるとますます反応してしまう!こんなちっちゃい子の手で、欲望の赴くままたっぷり射精できるの。外でやったら犯罪確実な状況…ね、燃えるでしょ?くうっ…ああ、まずい…巡が囁くだけで、身体がますます興奮してくる

乳首は硬くなってィはつけていなかった

くすくす…女の子に縁のない、可哀相な童貞先生のために、私が優しく射精まで導いてあげる。初めての手コキがこんな小さい子に一方的にされるがままだなんて、一生思い出に残っちゃうわね。
か、身体がどんどん熱くなって…ああっそうして私の気持ちよさが忘れられなくて、先生のチンポはますます私を求めてしまう。ついたら、もう私から離れなくなってたりして。くうぅぅっ!
愛撫しているあッ


膣をかすめたかと思うと

乳首イイッ気がだが、これは考えようによっては童貞脱出ま、まずい…これ以上はのチャンス!絶対にまずい!考えてみれば女の子に誘われるなんて、これまでの人生になかった一大イベントだ!だが…いいのか?このまま誘いにのってしまっても…そ、そうだこのチャンスを逃してはならない。女っ気皆無のこの俺にようやく巡ってきた貴重なチャンス!絶対にモノにしなければなら。なだが…俺はちゃんとできるだろうか?まったく自信がない。

勃起した一物なのだ

ペニスに貞操帯は嵌められていない

ザーメンかかってるッ
射精しそうなほど興奮した

かなんの吐く息を私が吸い、私の吐く息をかなんに吸ってももらいたい。だがそれは、いくら何でも無理な望みというものだ。断腸の思いを堪えしのぶ覚悟で私は、かなんの顔から私の顔を引き離した。かなんの唇のまわりは夜の闇の中でも、それとわかるほどに艶めかしく濡れている。それは私の唾液によってだろうか、それとも彼女自身の唾液なのだろうか。
ようやく射精した

奴隷に堕ちてしまった

それは、もはや誰にもわからない。いや、そんな区別を考えること自体に今では
意味がないというべきなのかもしれない。今や私の体はかなんのもので、かなんの体は私のものになろうとしているわけだから。私は両腕をベッドの上に突っぱって、かなんの顔を上から覗きこんだ。

お尻には肛門を示すマーク

うっすらと閉じられたかなんの目尻に、何やら光るものがある。かなんは涙を浮かべているのだ。それは私に抱かれることを怖れ、ためらう気持ちが浮かべさせた涙なのだろうか。それとも、ようやく私に抱かれようとしていることを喜ぶ気持ちによる涙なのだろうか。かなんの顔に再び自らの顔を近づけた私は、その涙を自分の舌で舐めとった。とがらせた舌の先へと、しょっぱいような味が染みこむように伝わってくる。
クリトリスを舐め回した

オッパイ触りながらんッ

それは今のかなんが感じているだろう、複雑な気持ちがかもしだすしょっぱさだったのだろうか。甘くもなく辛いとも言いきれない、そんな切ない気持ちを今のかなんは抱いているというのだろうか。ふと気がつくと、かなんの体は小刻みに震えているようだ。部屋の中の気温を考えると、決して寒さが原因で震えているのだとは思えない。抱かれることへの不安と怖れとが、かなんの体を震えさせているのだろうか。

乳首の尖りがぷっくりと隆起しているのが見えた
アナルの周辺をマッサージするように揉みほぐし

アソコが濡れてきたのを感じた

股間を疼かせていたそれとも私に抱かれることへの期待と喜びが、思わぬ震えとなって表われているのだろうか。そんなかなんのことがいとおしく感じられてならず、私は彼女の閉じられたまぶたへ口づけた。の唇へと伝わってくる。この下に、かなんの瞳があるのだ。うすいまぶたの皮膚を間にはさんで、のだ。かなんの心を表わす窓だと言うこともできるだろう、彼女の瞳と私の唇とが。うすいまぶたの下からも、カなんの震えが私かなんの瞳と私の唇とが結びつけられているそれから後のことは、もはや記憶の順序が定かでない。
セックスしてきたのだろう

アナルセックスなのに

かなんの顔の至るところへ私は、自らの唇を押しつけた。まるでそうすることによって、かなんの顔に封印を施すことができるとでもいうかのように。かなんの顔に自らのしるしを残すことで、それを自分のものにしてしまうことができると考えてでもいるかのように。かなんの耳たぶ·唇や指の先で押すと引っ込み、しかし柔らかい弾力で元に戻ろうとする頬の肉。なめらかでつややかな髪の、その生えぎわ。

エッチなことしょっかー

股間に手を伸ばすが

クリトリスが次第に硬く
JKとのキスで

精液の臭いを思わせる体臭を発する脂ぎった身体は、若い女の子が本能的に嫌悪感を覚える要素を濃厚に含んでいた。だが、手も足も革ベルトで縛られたまま移動椅子に乗せられてきた弓子には、逃げる術がない。天井から鎖でつり下げられた首輪をはめられた弓子は、Qの命ずるままに動く世話係や小間使いたちによって、洋服を脱がされていくのだった。やがて、恥ずかしいスリップ姿に剥きあげられた弓子の目の前に用意されたのが、子とよばれる不気味な拘束装置であるパイプ椅細いパイプを組み合わせて作られた拘束椅子は、弓子が固定される寝椅子とQが坐る安楽椅子の部分とからなっており、ちょうど母親が赤ん坊を膝に抱くときと同じように、若い肉体を横抱きにするための装置である。弓子の坐る安楽椅子は、背中やお尻の当たる部分に小さなクッションが取り付けられているだけで、いやらしいQの目から隠れる部分がまったくないそればかりか、パイプには、ロボットのような関節が取り付けられていて、ボタン一つでどんなポーズにでも強要できる恐ろしい機能が隠されていたのだった。
ペニスを舐めているうちに

エッチはエッチモードになった真菜は

しかし、弓子を厳重な拘束下に置き、むりやりパイプ椅子に乗せようとしているのだったが不思議なことに残虐な雰囲気は微塵も感じられなかった。さあさあ、そんなにあばれないで、椅子から落ちてしまうわ。すぐにちゃんとしてあげますからね。アラそんなにいやなの。仕様のない子ね。それじゃはじめに、お腰をこのバンドで縛っておきましょうか…Qや世話係たちは、十九歳になる弓子を赤ん坊をそのままに扱うのである。むずかる幼女を
あやすような口ぶりでなだめながら、その一方でじわじわとパイプ椅子に固定していくのだった。

ペニスを水平に

身体にベルトを掛けられ、起き上がることのできない由美子の寝椅子が、Qの座る椅子へと移動していき、しっかりと結合された。身動きのできない弓子は、Qの膝の上でお守りをされるまったくの赤ん坊であった。淫らな血液で充血した手が、女の子の恥ずかしい部分を遠慮なくなで回す。Qの命ずる屈辱的な要求を拒むたびに弓子は、悪い子としてお仕置きの対象にされ、屈服を迫られるのだった。おとなしい素直な子になることを条件に、ようやく猿ぐつわを許してもらった。
ペニスはすぐ浮かぶというのに

痴漢が趣味の男って

そしてパイプ椅子に坐らされたままストローを咥えさせられ、赤ん坊のようにジュースを飲ませてもらうのだった。Qの介助によってジュースを飲むことに抵抗を覚えたものの、一口すすった途端、羞恥を忘れた。恐怖の中で、喉がカラカラに渇いていたのである。ジュースを飲み終えた弓子の身体に、異変が生じた。どうしたわけか、恐ろしいほどの早さで尿意が高まり始めたのである。

股間にめり込むほどきつく食い込んでいる
肉棒を舐めまわし舌を絡め

セックスしなくなると

勃起しちゃったのはだが、十九歳の無垢な女の子が、どうして中年男に恥ずかしい秘密を告げることができようか。恐怖と羞恥のためトイレの欲求を口に出せずにいる弓子に恐ろしい言葉が告げられた。さあ、もう泣くんじゃないよ。しずかになるように、またさるぐつわをしようね。Qの言葉には、少しも罪悪感がない。まるで子供にオモチャでも与えるような口調で猿ぐっわをほどこそうとしているのだった。ああ、かんにんして。
勃起しているのが分かった

肛門がばくばくと息づいている

さあ、あきらめて言い付けを聞かなくてはだめだよ。また、弓子の歌うような、すてきなうめき声を聞きたくなったのでね。お願いです、おトイレにいかせて。ふたたび自分の口の自由が奪われるのをさけられないと知った弓子が、細い声で恥ずかしそうに言った。今すぐトイレに行かなければ、失禁しそうなほど尿意がひっぱくしているのだっおトイレって、どっちの方だね。

お尻を高く高く突き出す

アソコってどこをだ

気持ち良いオスマンコで先生のチンポにこれを、もっと前に…ええそうよ先生。ほら、もう少し。そうだ、もっともっと…前に…はぅぅうっ!はああっ!くう!この快感は…急に激しく身体を襲ってきた快感で、俺はようやく正気へとな、なんだ!戻ってきた。この肉棒にまとわりつく気持ちよさは何だ?俺は一体…どこで何をしてはううつ!ああっ!ん、ああっ、くうう!なっ!嘘だろ?
お尻の谷間に手を滑り込ませ

ペニスを奴隷の鎖を引き
ペニスを奴隷の鎖を引き
肛門の奥にまで塗りつけた
肛門の奥にまで塗りつけた


わたしのアソコが

オマンコ触りながら

俺は一体何時の間に巡の中に挿入して…はあ·チンポ、すごい先生の童貞、私のオスマンコが奪っちゃったくうっ!ああっ!い、何時の間に…俺は挿入したのか気になるが、このままだと確実に搾り取られる!そうなる前に、早くこれを巡から抜かないと…クチュッ…ぅぁああっ!はぁぁっ!動かされただけでぇ…ああっ!ぁぁっ!はあす、すごい…。

愛撫してみてください

ペニスを揉んでいるのだオスマンコのお肉が擦られちゃうぅ!あ
ちょっと抜こうとしただけなのに、が抜けてしまう。この快感…中のきつきつした感触で、すぐに身体の力こ、これではとても抜くことなどできない…、男の娘なのにオスチホの味覚えちゃった…私、男の娘なの女の子みたいに犯されちゃってる…。にいはっはあ、!そんなうっとりした顔で、そんなこと言うな!こんなに深く突き刺して…男の娘の一番深いとこでチンポを感じちゃったら、れないから…。
股間をあんなに優しく撫でていてくれたのかチンポコキで先生のチンポもう確実に戻巡はおそらく本気で言っている。俺もおそう…この身体が熱くなる感覚…俺も分かる、そらくもう元に戻れない。この快感が身体に染み渡って、細胞の一つ一つが生まれ変わっていくような…新しく作り変えられるかのような、この感覚…はあ巡…それなのに何故笑うんだ。そんな笑みを浮かべられると、俺は…これから、こうして気持ちよくさせてあげる…はあ…先生がオチンポ入れたくなったらいつでも足を開いて、オスマンコ使わせてあげるから…。

射精しました

だから、もっともっと…先生のチンポを動かして、完全に私のモノにしてぇ!ああ、結末がわかっているのに…どうして、俺はぐううぅぅっ!こ、腰を動かしてしまうっ!はあううつ!ああつーんはっ!あぁああっ!ああぁああっ!はぁぁっ!くぅぅ!ん、んあぁっ、あ、あ、はな…なんだこれぇ…もう、次元が違う!すごい私、男の人にチンポで突かれているうはああっ!はああっ!あ、んなに動いてぇ…はあっ!
ペニスがバネ仕掛けのおもちゃのように弾け出る


セックスほのぼのセックス

奴隷になれって言われて先生、私のことオナホール扱いにするつもりなんだぁあはくぅー挿入するたびに、キツキツの感触が俺…男の娘に肉棒を搾り取られている柔らかい壁に圧迫されて…すごい確実に、射精させにきているのがわかるっ!はううっ!ああっ!ダメとわかっているのに腰が止まらないい!はああっ!すごい!はああっ!ああっ!ああっ!先生、このままオスマンコに精液の味を覚えこませてえ、付けしてぇ。ダメだ…も、もうああっ!ああぁああっ!

熟女のせいで

お尻や背中や下腹部も彼らの固い体毛に覆われた

いや、時間がない。私も先に行こう。興奮する?いい度胸だ。一度とは言わない。い、いや、遠慮する。英次と仲良く登校する姿を誰かに見られたら…。二度三度、殺して構わないか?英次に冷たい視線を投げると、サトリも裏口から出ていった。まあ、絶縁されなかっただけマシか…。
このオマンコの締まり具合なら

乳首がフルフルと震えるくなくなと
乳首がフルフルと震えるくなくなと
ペニスを自虐的に愉しんでいた
ペニスを自虐的に愉しんでいた


尻に顔を近づけた

ペニスに聴診器を当ててきたびたん

英次は携帯を撮り出すと、凜音のメールにレスを返し始めた今朝は、三人で朝食をとった。両親と共に食事を取ったわけではないが、嘘はついていない。英次は、誰かと一緒に食事をする楽しさを思い出していた。そういや、凜音と最後に朝食を食べたのって、いつだったっけ。転校してから、凜音は一度も里帰りしていない。

肛門潤滑剤なのである

バイブレーターを入れられているのよ英次は彼女と、もう一年近くも顔を合わせていないことを思い出した。だが、会いたいとは、不思議と思わなかった。またたあの特別生徒総会から、瞬く間に四日が過ぎた。くらが恋愛禁止法の騒動は、サトリが反対派に鞍替えしたことで、沈静化しつつあった。まあ、このまま終わってくれるといいんだけど…どうも嫌な予感がするんだよなぁ。
マン汁を召しあがってくださいって尻子玉平八じゃそんなことを考えながら、英次は目前の扉をノックした。二年四組神崎英次、入ります。入れ昼休みに英次が生徒会室を訪れた時、中にはサトリしかいなかった。そのあたりで適当に座って、弁当を食べるといい。ただし、机の上の書類には触れるな。この前セックスした時に座っていた椅子に、サトリは平然と座っていた。君は危険すぎる男だ。

マンコのなかに入れて欲しいです

他の女生徒との接触は避けるべきだ。そう言って、昼休みに二人だけで昼食をとることを提案したのはサトリだった。もしも女生徒が、間違えて君に抱きついてきたらどうする?英次には反論出来なかった。俺との接触に自分が用心するだけじゃなく、はっきり間違えて。と言われても、さすがはサトリ会長だな。他の女生徒にも気を配るなんて。
ペニスを舐めているうちに


クリトリスを指で

下着はどこ隔離場所としてサトリが指定してきたのは、あの生徒会室だった。昼間は他の役員がおらず、人目も気にならず、さらにサトリは仕事が出来るので、都合がいいとのことだった。しかし、今日はいつもと違い、書類が並べられていた。他の役員はどうしたんだ。昼とはいえ、片付けないで出かけるとか、意外といい加減なんだな。いや、しばらくこの部屋に来る役員はいない。

挿入してしまったら

熟女の裸身が揺れ

社長は社長なりに頑張られたと思う。来春の異動で外郭団体に出て行かれることになったが相良さんのところの新聞で社長の特集インタビューかなにか企画したらどう。広告のことはちゃんとするし、営業所などにも配布したいから四、五百部買い上げてもええけどな。社長なりに水道行政への自負も思いもあるやろから、そのあたりのことを巧いこと聞き出してもろうて、気持ちよく水道局を卒業してもらおうと思うてるのや。広告のつく特集企画に行き詰まっていた。

マンコもある
マンコもある
チンポを身体で味わわないとダメなんですカA
チンポを身体で味わわないとダメなんですカA


クリトリスをねぶられ

エッチな声をあげましたペニスが左手の手のひらに渡りに船の話だ幕間にそのことを告げると、ほうっと意外な顔をし、いまさらインタビューでもないでしょうが、岩井部長らしい気の利いた餞別ですな。インタビューの台本は本人に考えてもらってくださいよ。私は忙しくてそこまで手がまわりませんから、そのおつもりで願います。と冷めた言い方をする。伊知地は局長室にいた。開放されているドアをノックして入った。秘書がいちいち取りつがなくなっていた。

ペニスの先端から棒がのびてきたような

クリクリと肛門を顔見知りであることからどうぞご自由にという態度だっそうですか、インタビュー企画ですか卒業の時期に合わせて新聞を発行されるということなんですね。それなら問題はないでしょう。短い間ではありましたが私なりに水道行政に取り組んだという思いもありますから、まァ、やり残したことのほうが多いのですが、一応の区切りとして話をさせていただきますか。…親しくなった方々やお世話になった方々もおられますので、貴紙を通じて思いをお伝えするのにちょうどいいかも知れませんね。六--六
岩井から出た企画だということは伏せておいた。フェラチオ奉仕で真相は見抜いているR企画の問題が出てからは伊知地と会っていなかったが、ひと回り小さくなったように見えた。権限がなく木偶の坊のごとく異動待ちの日々を送っていると人間も萎れてくるものらしい。インタビュー項目については後日インタビュー依頼書とともにお届けしますが、一応の目安としての項目ですので、それを参考に局長ご自身の思いを語っていただければと。全国紙と違って、テープを原稿に起こした段階でチェックしていただきますので、その時点で手を加えられてもOKです。フランクに話していただいて原稿段階で仕上げるということに。

乳首噛んでぇ

の局部長にもそうしてもらっています。話し言葉はその場のニュアンスや勢いで口にされますが、文字にするとまた違った意味やニュアンスを帯びますので、その点、間違いのないようにしています。それはありがたい。これまでは担当職員に質疑応答の下書きをしてもらっていましたが、今は時間がありますので、自分で考えてみることにします。どの都市局部長に昇格、あるいは市長部局から新任で来たときに経歴含めて抱負を聞き、顔写真入りで七OS八〇行の囲み記事で紹介しているが、その記事の事前チェックを求め、当人のコメント部分を越えてこちらの記事にまで手を入れる人物もいた。インタビューや対談、座談会原稿のチェックに当人の性格が現われる。


セックスが好まれていたのだった

技術系より事務系のほうが細かく添削するが、技術系であっても設備や建築関係の緻密な業務でキャリアを積んだ人物は添削箇所が目立った。水道事業の実務上のこともお聞きすることにしていますが、関連資料の収集、データの確認も局長ご自身がされるのですか時間がありますからやってみますよ。課長代理になるまでは自分で資料を集め、原稿をまとめてましたから、十数年ぶりになりますか。それ以後は部下の職員がやってくれてましたが、はパソコンで資料やデーター管理をしていますから、以前のようなことはないでしょう。尻穴にお尻を係長に向けて振ってる

お尻の谷間に手を滑り込ませ

大陰唇が割れて

恥ずかしい部分を洗われたり、ダッコされて湯船の中に入れられたり…。思春期の少女を赤ちゃんに見立てて弄ぶ幼女趣味者の手にかかっているのだとすれば、股間に翳りがないことも納得がいく。赤ちゃんに近づけるためと称して剃毛をするのは、幼女趣味者の常套手段である。週刊誌から得た知識によれば、剃毛を施した後、毎日脱毛クリームを塗り込めて、本物の幼女を彷彿させるようなスベスベに仕上げるのだという。思春期の少女なら当然あるはずの恥毛がまったく見あたらないため、一筋の小川のような愛らしいスリットが童女のようにクッキリと見えるのだった。

セックスレス夫婦なんて
セックスレス夫婦なんて
亀頭が粘膜に包みこまれている
亀頭が粘膜に包みこまれている


膣蹂躙蕩ける

セックス放浪記は続く膣内に注入されて、おまんこから溢れ出る愛汁がたまらなくエロいです次の写真では、大きなパフを手に取った老人が少女の身体にまといつくようにして、ベビパウダーを叩いていた。首から胸へ、小指の先ほどもないような乳首を愛撫するようにパフをはわせていくのだった。恥ずかしそうに身を縮める少女。だが、両手の自由を奪われているため、老人の手を避ける術がないのだった。開かせた股間の正面にしゃがんだ老人は、少女に何を語っているのだろうか。ニヤニヤと嫌らしい笑いを浮かべながら、思春期の身体を大きなパフで遠慮なくなで回していくのだった。

膣が男性器をくわえ込みたいと叫び出します

射精しそうだった着替えのため、両手の自由を得たのもつかの間である。素肌に縮み織りの浴衣を着せられた少女の手に、網カゴから取り出された紐が巻き付けられたのだ。長い監禁生活で、抵抗の意志をすっかり摘み取られてしまったのであろう。両手を背中に回され、後ろ手に縛られていくというのに、あきらめたように為すがままを受け入れている続いて、幼児そのままにダッコされている写真が写った。座椅子にどっかりと胡座をかいて座った老人の胸に、背中をあずけるようにして後ろ向きに抱かれているのだ入浴のあとの水分補給なのであろう。チンポで女の子にして欲しいのなっチンポを浴衣の上からエプロンタイプの大きな涎掛けが当てられ、座卓にオレンジジュースが用意されている。だが、ジュースの容器は、普通のコップではなかった。ほ乳ビンのようにゴムの吸い口が付いた、離乳用のコップなのである。
老人が、赤ん坊を横抱きにするようにしてゴムの乳首を含ませると、じた少女があきらめたように口を開いた。恥ずかしそうに目を閉両手を縛ってあるのは、単に逃亡を防ぐことだけを目的にしているのではないようだった。

オーガズムを迎えたのだ

手を使えければ、思春期の少女といえども本物の赤ちゃんと同様に、まったく何もできなくなってしまう。身の回りのことを何一つすることができない状態に追い込んだうえで、母親が赤ちゃんにしていやるような世話をしていることが、はっきりと伝わってきた。ジュースを飲み終えた頃、胡座の中の少女がモジモジと身体を震わせはじめた。離乳コップの中に、排尿を促進させる利尿剤でも入れてあるのであろう。赤ちゃんゴッコの典型的な楽しみ方であるやがて、カメラが予想どおりのものを捉えていた。


肉棒が滑り込んでいくところを見たとき

女の子が、オシッコをしぶかせたり逸らしたりして粗相をするのを防ぐための処置なのであろう。ビニールと古新聞が敷かれた上に可愛いアヒルのオマルが用意されたのだ。嫌々する少女を背後から抱き上げ、幼児のオシッコスタイルに抱き上げる過程が連続写真で記録されていた。何度目かの空撮で、三人一緒に写っている写真が手に入った。やはり、あの子は花柄の着物を着せられた少女が、老人の膝を枕に仰向けに寝かされていた。肉棒で塞ぐ