愛撫しているあッ

尻を揺する

愛する人が、己が身体を使って気持ちよくなってくれるのを幸せに感じる。もし、そうだとするなら、射精に気が付いても、動揺などしないはずでした。しかし、元々男女のことに疎い私では、少女に愛情があるかどうかと言うよりも、それが芽生えているのかどうかも自信がありません八重さんなら、分かるかなあ。女のことは、やはり女同士。先の大いくさのせいで未亡人となっての女盛り今年で三十路を迎えるはずの八重さんなら、あるいは、それがわかるかもしれませんでもなあ、今さら聞くのもなあ。八重さんとの今までを考えると、言うに言えない部分が私の中にも確かにあって、やはりうやむやにするしかなかったのです。

エッチなせいじゃないんだもん
エッチなせいじゃないんだもん
チンチン手でシコられてる
チンチン手でシコられてる


エッチなことしなきゃならないわけよね

拘束感とは違う尻を振り続けている第五話やわらかなお腹不思議だったのは、あれほど痛い目に遭ったというのに、三日もたつと、わざとかと思えるほど勉学の手を、特に数学の手を抜いたことでした。私は、最初の時こそ、次は打つよと脅かすにとどめましたが、その翌日に、またサボった少女を、再び打ち据えることにしたのです。外見は、いかにも仕方ない。と言った風情に見えるように努めてはいましたが、その実少女の尻を堂々と見られるのだと思うとうれしさに小躍りしたくなっています羽織っていた丹前をさりげなく脱ぎながら、きちんと正座して見上げる少女に申し渡しますあれほど言ったじゃないか。お前という子は。しかたないね。この間のように尻を叩くからね。その瞬間、少女の目は羞恥の色に染まっていましたが、不思議と恐怖の震えは見られません。

ペニスの模型を小刻みに振ってみせる

クリトリスを剥きあげもちろん、こっちだって二度目ともなれば、あれほどひどくせずとも、加減は分かります。そして、少女の方も、自分が女だと示す証拠を見せずにすむことを確信したのでしょう。羞恥の色を目一杯浮かべながらも、戸惑いの色を浮かべなかったのは、まさにあうんの呼吸というヤツかもしれません。ただ違うのは、こちらには十分に余裕があったのと、少女には恐らく予感。烈火の打擲の幕間に、尻に生まれる快感を少女は覚えているでしょうか。オナニーでクリトリスをこね回す度にいえ、ひょっとしたら、幕間は、打擲だったのかもしれませんがあったこと。ちょっと、あっちで待っておいで続きの間ではなく、午後の光がたっぷりと注がれる居間に行って、静かに座ったのです。ことさらに裾を割って見せ、むき出しになった脚と下履きを見せつけるように、ドンと座ると、少女の目は確かに、私の中心をチラリと見て、そして目を伏せたのです。窓からの光がしっかりと足下から当たる向きで、少女は、私を見ないようにして、しずしずと横たえますうん、さあ、折檻だ。申し訳ありません。葵太は悪いことをしました。

セックスできる時間をとってください

どうぞ、心ゆくまで、折檻なさってくださいませ。折檻を受けるに当たっての、詫び口上は、ごくごく当たり前のものだったかもしれません。
ははスラスラと出てきたところを見れば、前もって考えてきたか、あるいは、そういう躾を受けたのかとも思います。しかし、目の前に、少女のプリンとしたお尻を見つめながら心ゆくまで。と言われてしまうと、なぜか、私の欲望が見抜かれてしまっているような気がしてしまいます。


尻たぶを掴んだ両手に力を込めて

全く都合のいい話ではあるのですが、少女はそれも見抜いていて、なお、それを許しているように思えてなりませんでした。相変わらず両脚をキッチリと揃え、女の部分を決して見せまいとしています。そのくせ、どこかしら、その姿に女の媚び。があると言うのは言い過ぎでしょうか。ともかくも、これ以上ないほど純真で、汚れを知らない、で良いのだと差し出されていたのです。行擲の前に、しっかり話をお聞きはい、旦那様。こんな格好で、あいすみません。処女を失ったことなど

エッチなことしょっかー

股間に手を伸ばすが

クリトリスが次第に硬く
JKとのキスで

精液の臭いを思わせる体臭を発する脂ぎった身体は、若い女の子が本能的に嫌悪感を覚える要素を濃厚に含んでいた。だが、手も足も革ベルトで縛られたまま移動椅子に乗せられてきた弓子には、逃げる術がない。天井から鎖でつり下げられた首輪をはめられた弓子は、Qの命ずるままに動く世話係や小間使いたちによって、洋服を脱がされていくのだった。やがて、恥ずかしいスリップ姿に剥きあげられた弓子の目の前に用意されたのが、子とよばれる不気味な拘束装置であるパイプ椅細いパイプを組み合わせて作られた拘束椅子は、弓子が固定される寝椅子とQが坐る安楽椅子の部分とからなっており、ちょうど母親が赤ん坊を膝に抱くときと同じように、若い肉体を横抱きにするための装置である。弓子の坐る安楽椅子は、背中やお尻の当たる部分に小さなクッションが取り付けられているだけで、いやらしいQの目から隠れる部分がまったくないそればかりか、パイプには、ロボットのような関節が取り付けられていて、ボタン一つでどんなポーズにでも強要できる恐ろしい機能が隠されていたのだった。
ペニスを舐めているうちに

エッチはエッチモードになった真菜は

しかし、弓子を厳重な拘束下に置き、むりやりパイプ椅子に乗せようとしているのだったが不思議なことに残虐な雰囲気は微塵も感じられなかった。さあさあ、そんなにあばれないで、椅子から落ちてしまうわ。すぐにちゃんとしてあげますからね。アラそんなにいやなの。仕様のない子ね。それじゃはじめに、お腰をこのバンドで縛っておきましょうか…Qや世話係たちは、十九歳になる弓子を赤ん坊をそのままに扱うのである。むずかる幼女を
あやすような口ぶりでなだめながら、その一方でじわじわとパイプ椅子に固定していくのだった。

ペニスを水平に

身体にベルトを掛けられ、起き上がることのできない由美子の寝椅子が、Qの座る椅子へと移動していき、しっかりと結合された。身動きのできない弓子は、Qの膝の上でお守りをされるまったくの赤ん坊であった。淫らな血液で充血した手が、女の子の恥ずかしい部分を遠慮なくなで回す。Qの命ずる屈辱的な要求を拒むたびに弓子は、悪い子としてお仕置きの対象にされ、屈服を迫られるのだった。おとなしい素直な子になることを条件に、ようやく猿ぐつわを許してもらった。
ペニスはすぐ浮かぶというのに

痴漢が趣味の男って

そしてパイプ椅子に坐らされたままストローを咥えさせられ、赤ん坊のようにジュースを飲ませてもらうのだった。Qの介助によってジュースを飲むことに抵抗を覚えたものの、一口すすった途端、羞恥を忘れた。恐怖の中で、喉がカラカラに渇いていたのである。ジュースを飲み終えた弓子の身体に、異変が生じた。どうしたわけか、恐ろしいほどの早さで尿意が高まり始めたのである。

股間にめり込むほどきつく食い込んでいる
肉棒を舐めまわし舌を絡め

セックスしなくなると

勃起しちゃったのはだが、十九歳の無垢な女の子が、どうして中年男に恥ずかしい秘密を告げることができようか。恐怖と羞恥のためトイレの欲求を口に出せずにいる弓子に恐ろしい言葉が告げられた。さあ、もう泣くんじゃないよ。しずかになるように、またさるぐつわをしようね。Qの言葉には、少しも罪悪感がない。まるで子供にオモチャでも与えるような口調で猿ぐっわをほどこそうとしているのだった。ああ、かんにんして。
勃起しているのが分かった

肛門がばくばくと息づいている

さあ、あきらめて言い付けを聞かなくてはだめだよ。また、弓子の歌うような、すてきなうめき声を聞きたくなったのでね。お願いです、おトイレにいかせて。ふたたび自分の口の自由が奪われるのをさけられないと知った弓子が、細い声で恥ずかしそうに言った。今すぐトイレに行かなければ、失禁しそうなほど尿意がひっぱくしているのだっおトイレって、どっちの方だね。

ペニスを取り出した

チンポで犯したいと思ってるわけだ

バイブレーターはもちろんのこと
バイブを入れられて固定され

そのうえ、女衒や詐欺のようなあこぎな真似はしたくないという昔気質のヤクザでもあった一撃するに時代遅れなのだが、時代遅れなりに色々とシノギの道を模索していた。宏樹はあの後、茜とお茶した。おまえ、みかけによらず度胸あるな。こういう話から入って、茜の祖父が忍者であることも明かされた。宏樹の顔面が崩壊した。今どき、忍者なんているわけねーだろうよ。メンヘラの恭子のダチだけのことはある。言ってることが間尺に合わねえと大笑いしていた。
ザーメンを口内から口元にかけて発射して

射精の寸前

でもさあ、あんた武闘派の柏木組って知ってるか。柏木組?関東のヤクザで柏木組を知らない者などいない。武装した組員たち全員が音もなく消された。その直前に三人の女が屋敷の門を潜っているところを見ていた者もいた。女たちに皆殺しにされた?あ、誰も信じはしない。魔法でも使ったというのか。

チンポめちゃ擦りまくるよ

その後、組長がその兄貴と鉄砲玉と共に吉野熊野の山林で殺されたというヤクザ界にとっては大事件だったので、あの手この手で警察の情報をつついたが、三十人以上も殺されたというのに、警察から
は一切の情報が洩れてこなかった。全て公安によって遮断されているという。ヤクザ絡みの事件に公安がおでましだと?これもありえないところが茜は、下手人は忍者ではないかという。刃署なんじゃそりゃ。基本的には、特務機関が関わっているのではないかと噂されていたというのも自衛隊の特殊作戦群の現役と退役の二人の精鋭も不自然な死を遂げていたからだ。
愛撫しているあッ

股間に当てるというのが日課になり私の後に入る

宏樹は、この話を親分に振ってみようと考えていた。馬鹿野郎、とぼけたこと言ってんじゃねー。罵声と共に灰皿が飛んでくるかもしれないが、とりあえず、得た情報は全て親分に話そうという生本が宏樹のスタンスなのだ。親分、ちょっと怒らずに聞いてくれ圭ふ。いかに宏樹といえども、少し釘を刺しながらではないと切り出しにくい話だった。

アナルで犯される
亀頭を二人の中に

オナニーの経験があって

愛撫を受けているのである私の妹のダチの話なんですがね、その娘が柏木組は忍者に殺られたんじゃないかと。意外にも兆治は興味に満ちた眼を光らせていた。兆治たちは、新宿で柏木組の組員11人が鍛鉄でできたくないのような武器で瞬殺された衝撃的な映像をTVで観ていた。二人を殺った奴の動きは、常人の域を超えた素早さだった。TVを観ていた誰かが叫んだ。こいつ忍者みたいな奴だな。しかし、誰も笑いはしなかった。
拘束具で車椅子に縛り付けられている身では

股間にはお尻を広げ

誰もが口では小馬鹿にしてはいる。しかし、心の奥底では一抹の恐怖心を抱いていた。完全に否定し切れない不気味さを覚えていた。おまえの妹は高校生だったな。実は、女衒をぶったおしたのは女の方でへい。そのJKの祖父が忍者?そして、柏木組殲滅の話をしていた?へい。

お尻を高く高く突き出す

アソコってどこをだ

気持ち良いオスマンコで先生のチンポにこれを、もっと前に…ええそうよ先生。ほら、もう少し。そうだ、もっともっと…前に…はぅぅうっ!はああっ!くう!この快感は…急に激しく身体を襲ってきた快感で、俺はようやく正気へとな、なんだ!戻ってきた。この肉棒にまとわりつく気持ちよさは何だ?俺は一体…どこで何をしてはううつ!ああっ!ん、ああっ、くうう!なっ!嘘だろ?
お尻の谷間に手を滑り込ませ

ペニスを奴隷の鎖を引き
ペニスを奴隷の鎖を引き
肛門の奥にまで塗りつけた
肛門の奥にまで塗りつけた


わたしのアソコが

オマンコ触りながら

俺は一体何時の間に巡の中に挿入して…はあ·チンポ、すごい先生の童貞、私のオスマンコが奪っちゃったくうっ!ああっ!い、何時の間に…俺は挿入したのか気になるが、このままだと確実に搾り取られる!そうなる前に、早くこれを巡から抜かないと…クチュッ…ぅぁああっ!はぁぁっ!動かされただけでぇ…ああっ!ぁぁっ!はあす、すごい…。

愛撫してみてください

ペニスを揉んでいるのだオスマンコのお肉が擦られちゃうぅ!あ
ちょっと抜こうとしただけなのに、が抜けてしまう。この快感…中のきつきつした感触で、すぐに身体の力こ、これではとても抜くことなどできない…、男の娘なのにオスチホの味覚えちゃった…私、男の娘なの女の子みたいに犯されちゃってる…。にいはっはあ、!そんなうっとりした顔で、そんなこと言うな!こんなに深く突き刺して…男の娘の一番深いとこでチンポを感じちゃったら、れないから…。
股間をあんなに優しく撫でていてくれたのかチンポコキで先生のチンポもう確実に戻巡はおそらく本気で言っている。俺もおそう…この身体が熱くなる感覚…俺も分かる、そらくもう元に戻れない。この快感が身体に染み渡って、細胞の一つ一つが生まれ変わっていくような…新しく作り変えられるかのような、この感覚…はあ巡…それなのに何故笑うんだ。そんな笑みを浮かべられると、俺は…これから、こうして気持ちよくさせてあげる…はあ…先生がオチンポ入れたくなったらいつでも足を開いて、オスマンコ使わせてあげるから…。

射精しました

だから、もっともっと…先生のチンポを動かして、完全に私のモノにしてぇ!ああ、結末がわかっているのに…どうして、俺はぐううぅぅっ!こ、腰を動かしてしまうっ!はあううつ!ああつーんはっ!あぁああっ!ああぁああっ!はぁぁっ!くぅぅ!ん、んあぁっ、あ、あ、はな…なんだこれぇ…もう、次元が違う!すごい私、男の人にチンポで突かれているうはああっ!はああっ!あ、んなに動いてぇ…はあっ!
ペニスがバネ仕掛けのおもちゃのように弾け出る


セックスほのぼのセックス

奴隷になれって言われて先生、私のことオナホール扱いにするつもりなんだぁあはくぅー挿入するたびに、キツキツの感触が俺…男の娘に肉棒を搾り取られている柔らかい壁に圧迫されて…すごい確実に、射精させにきているのがわかるっ!はううっ!ああっ!ダメとわかっているのに腰が止まらないい!はああっ!すごい!はああっ!ああっ!ああっ!先生、このままオスマンコに精液の味を覚えこませてえ、付けしてぇ。ダメだ…も、もうああっ!ああぁああっ!