愛撫は繊細で可憐に俺をいい声で鳴かせてくれる

ペニスをぶらぶら揺らしながら

彼女が体内に秘める女の器官は、にも似た震えを発していた。やられつばなしは、ちょっとイヤだな…。英次を奥に導こうと痙攣英次はサトリの腰から手を離し、自分の乳首をしゃぶる二人の乳房を揉み始めた予想外の反撃に櫻子が女の声を上げる。情で喘ぎ始めた。ボリュームたっぷりの胸を揉まれた静穂も、牝の表英次は自分の胸の快楽をそのまま返すように、執拗に二人の膨らみを揉んだ。11人が英次に身体を寄せるほど悦楽に酔ったのを確認すると、手を下げていき、二人の股間へと伸ばした。んっ、あひっ…。

尻朶にパチンと押し当てた
尻朶にパチンと押し当てた
肉棒の先端を可奈子の唇に押し当てて
肉棒の先端を可奈子の唇に押し当てて


尻を当ててセックス以来

チンポがんふッあんツー犯してるのが見えちゃうチンポに奉仕してあげる櫻子は一瞬抵抗を見せたが、あくまで一瞬だった。静穂は最初の抵抗さえ見せなかった。指が正しい位置へ沈んでいく様子が、あえぎと二人の肢体の撓り具合で分かる。蜜でベっとりと濡れた指で暖かい肉の筒をかき混ぜ、生み出した雷光を二人の中へと注ぎ込んだ櫻子、先生。キッチンに手を突いて、こっちに尻を向けろ。何をするのですか?

子宮が疼き膣が欲しがっていた

肉棒の熱さを感じながら最初の計画ではみんな一緒だったのだろう?だから、一緒にするんだよ。濡れそぼった櫻子と静穂の淫部から指を抜き、引き抜いたはぁっ、はぁっ、はぁっ…。続いてサトリの胎内から憤ったままの端子を生殺し状態から解放されたサトリが、不満げな息を吐く。側に静穂が立ち、同じように英次にお尻を向けた。本当に、絶景としか言いようがないな。亀頭が天井を向いているそんなサトリの左側に櫻子が、右胸のサイズと形、肢体全体の成熟度、色とボディライン。三人の違いが英次の心を捉えるもちろん、一番英次の目を引いたのは、誇るように三人が突き出した、麗しき華園だった。まだ育っている最中の、素朴で飾り気のなぃ櫻子の華。大人の女性の包容力を誇る静穂の華そして真っすぐな彼女に相応しいサトリの華。どれも英次の心を掴んで放さない。全部、俺のモノだ!

下半身丸出しの光太郎の腕にすっぽりと収まって

英次の本能が昂ぶり、次々に彼女達を貫いていく。サトリの肢体を揺れるほど激しく貫いた後、続いて櫻子を犯す。そして最後に静穗彼女達の肉道を渡り歩き、求められるまま何度も奥深く刺し貫いていく。肉茎から伝わる三様の感触に酔いしれ、ただ111人を求めて激しく腰を振る。茎にからまり運ばれ、それぞれの中で混ざり合っていく。げ、限界です。も、もう、くださいませ…っ!


チンチン気持ちいいっ

三人の愛液は肉貫かれた櫻子に応えるように、英次は激しく牝器官をかき混ぜたあうソッ!ああつあつ!溜まっていたパルスが胎内で弾け、櫻子の意識を灼いた。英次は高ぶりを解放し、最後の仕上げに取りかかる。…みんな、一緒だからな!肉茎が脈動を始め、灼けるような痒みに英次の頬が緩む。英次は尻が変形するほど激しく腰を打ち当てながら、櫻子の奥深くで精を放つ。ペニスを受け入れることが君恵は生島と不倫関係

熟女のせいで

お尻や背中や下腹部も彼らの固い体毛に覆われた

いや、時間がない。私も先に行こう。興奮する?いい度胸だ。一度とは言わない。い、いや、遠慮する。英次と仲良く登校する姿を誰かに見られたら…。二度三度、殺して構わないか?英次に冷たい視線を投げると、サトリも裏口から出ていった。まあ、絶縁されなかっただけマシか…。
このオマンコの締まり具合なら

乳首がフルフルと震えるくなくなと
乳首がフルフルと震えるくなくなと
ペニスを自虐的に愉しんでいた
ペニスを自虐的に愉しんでいた


尻に顔を近づけた

ペニスに聴診器を当ててきたびたん

英次は携帯を撮り出すと、凜音のメールにレスを返し始めた今朝は、三人で朝食をとった。両親と共に食事を取ったわけではないが、嘘はついていない。英次は、誰かと一緒に食事をする楽しさを思い出していた。そういや、凜音と最後に朝食を食べたのって、いつだったっけ。転校してから、凜音は一度も里帰りしていない。

肛門潤滑剤なのである

バイブレーターを入れられているのよ英次は彼女と、もう一年近くも顔を合わせていないことを思い出した。だが、会いたいとは、不思議と思わなかった。またたあの特別生徒総会から、瞬く間に四日が過ぎた。くらが恋愛禁止法の騒動は、サトリが反対派に鞍替えしたことで、沈静化しつつあった。まあ、このまま終わってくれるといいんだけど…どうも嫌な予感がするんだよなぁ。
マン汁を召しあがってくださいって尻子玉平八じゃそんなことを考えながら、英次は目前の扉をノックした。二年四組神崎英次、入ります。入れ昼休みに英次が生徒会室を訪れた時、中にはサトリしかいなかった。そのあたりで適当に座って、弁当を食べるといい。ただし、机の上の書類には触れるな。この前セックスした時に座っていた椅子に、サトリは平然と座っていた。君は危険すぎる男だ。

マンコのなかに入れて欲しいです

他の女生徒との接触は避けるべきだ。そう言って、昼休みに二人だけで昼食をとることを提案したのはサトリだった。もしも女生徒が、間違えて君に抱きついてきたらどうする?英次には反論出来なかった。俺との接触に自分が用心するだけじゃなく、はっきり間違えて。と言われても、さすがはサトリ会長だな。他の女生徒にも気を配るなんて。
ペニスを舐めているうちに


クリトリスを指で

下着はどこ隔離場所としてサトリが指定してきたのは、あの生徒会室だった。昼間は他の役員がおらず、人目も気にならず、さらにサトリは仕事が出来るので、都合がいいとのことだった。しかし、今日はいつもと違い、書類が並べられていた。他の役員はどうしたんだ。昼とはいえ、片付けないで出かけるとか、意外といい加減なんだな。いや、しばらくこの部屋に来る役員はいない。

射精に至るのは困難ですよね

愛撫に反応してしまったのだ

セックスしてしまう可能性があることなんて
子宮がキュンと収縮してしまう

お爺ちゃんは、桃子ちゃんの嫌がるようなことを無理やりしゃしないからねぇ…目の中に入れても痛くないような可愛い孫の頭をスリスリと撫でまわした。もちろん、赦したわけではない。肛門検温は、この子のためになることなのだからうして頭を撫でながら、気持ちの落ち着くのを待っているのだった。でも、此処を見てごらん…。頃合いを見て、えツー。声を掛けた食いついてきた!あとは、タイミングを合わせながら釣り上げるだけである。ほら、規則的な検温習慣のために。という、ここの部分だよう用するためには、長期にわたって定期的な体温測定が必要となります。
愛撫は繊細で可憐に俺をいい声で鳴かせてくれる

肛門から真紅の血が流れ

このため、弊社では羞恥心の強いお子様のために、肛門検温誘導剤天使のおねだり。を開発いたしました。体温計を挿入する前に本薬剤を肛門周囲及び直腸内部に塗布することにより、嫌悪感がやわらぎ、白基礎体温表を有効に活
んが、ナスビ型肛門検温を嫌いになったら困ると思ってねぇ、お爺ちゃんは、天使のおねだり。

フェラチオさせてください

というお薬も一緒に買ってあるんだよう。桃子ちゃんが、ナスビの体温計を好きになるように、少しだけ塗ってみようねぇ。ナスビ型体温計の取扱説明書をていねいにたたんだ老人が視線を移した先に、手の平に乗せられた白いクリームの容器があった。菊代が、キャップを開けようとしている容器のラベルは、中世の宗教画を思わせるような天使のイラストが描かれていたやめてェ、お爺ちゃまア。お願いですから、変なお薬なんか使わないでぇ。
お尻の谷間に手を滑り込ませ

女子高生は指にからませるようにしながら愛撫す

午後の日差しが射し込む座敷に、保護者を夢中にさせる愛くるしい声がこだました。だが、どんなに叫んでも救いの手は、どこからもさしのべられなかった。広大な敷地にひっそりと建つ屋敷に住まうのは、十三歳の赤ん坊と二人の保護者だけなのである。今にも泣きだんさんばかりの悲鳴は、二重ガラスの戸に阻まれて雪の中庭にさへ届かなかった。さあ、お嬢様。お尻にお薬をしましょうねぇ。しなやかな指がクリームの蓋を開け、薄紙を剥がすと、ワセリン系潤滑剤特有のねっとりとした油薬が、桃子にもはっきりと見えた。

男根で性器内部を擦られてタラタラと血を流しつ
バイブの振動だけでいいのかな

オッパイのあたりにもなにかが来ています疑似餌

膣肉は少しずつほうら、アンヨをタカイタカイしてごらん。お薬が塗りやすいように、こうしてお尻を広げようねぇ。膝裏に腕を差し込み、幼児にオシッコをさせるときのようにお尻を持ち上げた。両の手首と足首を結ばれている少女には、抗いようのない姿勢である。クリクリしたお尻が前に突き出され、無防備な姿勢に押さえ込まれていった。
ペニスを押しだすこともできなかった

バイブを操る手を休めることなく

やめてエ、嫌ツ、イヤだったらぁ。クリームの平面に、指でこすり取った痕ができた。人差し指の先端に、淡黄色をした薬剤がたっぷりとからめ取られている。ふッふッふう、いつまでも、そうしていてごらん。このお薬を塗ってあげると、どんな悪い子でも、すぐにお熱を計るのが好きになるそうだよぅ…。